本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月08日

弥生賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・弥生賞》
 先日述べた通り、中山の芝コースは野芝の生育の遅さが大きく影響。開幕週から時計を要する馬場でスタートした。例年よりもタフさが要求される設定となっている。

◎アデイインザライフ
 デビュー戦、続く京成杯とスタートが決まらず後方からの競馬となったが、ともに豪快な大外マクりで直線は一気の伸び脚。キャリア1戦の身で臨んだ京成杯は及ばずの3着だったが、能力を感じさせるには十分過ぎるほどの内容だった。まだ粗削りながらスケールは相当。550キロ近い大型馬。本質的には大箱の東京コース向きだろうが、タフな馬場設定ならこの馬のパワーが今回も生きてくる。

○トゥザワールド
 勝利→栄光→世界。母、兄、そして同馬と名前のスケールが変遷。これはそのまま期待の大きさの表われか。デビュー戦こそ同じクラシック候補のバンドワゴンに大きく水を開けられたものの、その後は小さな着差でもきっちりとモノにして3連勝。デビューが遅れた全兄トゥザグローリーよりも現時点での完成度は上。本番と同じ舞台でようやく本物のベールを脱ぐか。注目の良血馬。

▲キングズオブザサン
 中山コースへの適性は葉牡丹賞1着→京成杯2着の足跡ですでに証明済み。前走は勝ったプレイアンドリアルに2馬身差をつけられたが、1番人気を背負って早めに仕掛けた分の差。決して力負けではない。この舞台も3度目。相手関係はガラっと変わるが、大崩れするシーンは考えにくい。

 連下の筆頭は△ワンアンドオンリー。重い馬場を克服したラジオNIKKEI杯2歳Sの内容から馬場は問題ないだろうが、2走前に東上してきた際はイレ込みがキツかった。当日の気配が大きなカギに。他ではアズマシャトル、エアアンセム、エイシンエルヴィン、そしてサトノロブロイまでが押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ