本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2014年02月08日

東京新聞杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《東京・東京新聞杯》
 関東地方で金曜日の夜から降り始めた雪は日曜日の未明まで続くとのこと。日中には晴れ間が顔を覗かせる模様だが、芝、ダートともに馬場の回復は望めないだろう。重馬場の巧拙、対応力を念頭に置く必要がある。

◎サトノギャラント
 東京芝1600メートルは4戦して全勝。同舞台戦のキャピタルSは馬群を割って一気の差し切り勝ちだった。この厩舎らしくここまで入念な乗り込みを消化しており、ベストの舞台に満を持しての参戦となる。母スティンガー譲りの瞬発力がこの馬の最大の武器だが、昨夏は巴賞2着→函館記念4着と函館コースの洋芝を全く苦にしなかった。自慢の切れ味は削がれるものの、重い馬場でも能力発揮に支障はないと判断する。

○ダノンシャーク
 昨年は京都金杯、富士Sと2つのマイル重賞を制覇。安田記念、マイルチャンピオンシップはともに3着とG1奪取こそ叶わなかったが、現マイル路線ではトップ級に位置する存在まで登り詰めた。牡馬として小柄なタイプだが、斤量泣きしないタイプで今回背負わされる58キロはすでに克服済み。となると問題は重い馬場への対応だけ。これまで稍重発表の馬場までしか経験していない。

▲ショウナンマイティ
 馬体減で臨んだ昨秋の毎日王冠はまだ仕上がり途上だったか。6着に敗れた後はすぐに放牧に出された。今回は立て直しを図っての戦列復帰となる。ロードカナロアに迫った昨年の安田記念での走りはまだ記憶に新しい。極端な悪化した馬場への対応力は未知数だが、スタミナが要求される馬場へと変貌すれば、この馬が地力で圧倒するシーンも。

 連下は△コディーノを筆頭にクラレント、エキストラエンド、レッドスパーダ、レイカーラ、そしてブレイズアトレイルまで。いずれにせよ、レース直前まで馬場状態をしっかりと見極めたところ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ