本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2014年02月01日

根岸S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《東京・根岸S》
 先週の東海Sはニホンピロアワーズが2馬身差で快勝。そして週中に行われた川崎記念はホッコータルマエが制した。フェブラリーSへ向けて主役級の実力馬が存在感を誇示している。ここは距離1400メートルの前哨戦だけにスプリント路線からの馬が数多く参戦。混沌とした状況になっている。

◎エーシントップ
 芝路線では京王杯2歳S、シンザン記念、そしてニュージーランドTと重賞を計3勝。現4歳世代のなかでもスピードは一級品だ。路線変更した2走前の霜月S(東京ダート1400メートル)を危なげなく勝利。ダート適性の高さに疑いはない。前走の兵庫ゴールドT(園田ダート1400メートル)はスタートで出負けしたうえに前半に折り合いを欠く場面。小回り特有の忙しさにも対応できず、自分のリズムで運べなかった。今回はコーナー2回の東京コース、そして1枠1番からの発走なら前半からすぐに流れに乗れるはず。この馬のスピードに改めて注目したい。

○アドマイヤロイヤル
 昨年秋の武蔵野Sは0秒1差の2着。惜しくも重賞2勝目を逃したが、敗れた相手は続くジャパンCダートを制したベルシャザール。内容として負けて強しの内容だったし、これで東京コースは過去【4431】。舞台適性の高さを改めて確認できた。また1400メートルは8戦して連対を外したのは1戦のみ。今回の舞台で大崩れすることは考えにくく、こちらは連軸向き。

▲ブライトライン
 昨年はエルムS3着→みやこS1着→ジャパンCダート4着の足跡。中距離を持ち前のスピードで凌いだが、折り合い面からこの距離の方がより力を発揮できるのは間違いない。

 連下筆頭は△ドリームバレンチノ。ダート路線に転じた前2戦はいずれも脚抜きのいい馬場だった。ここはパワーが要求される冬場のダートがひとまずの課題。他ではスノードラゴン、ゴールスキー、シルクフォーチュン、テスタマッタ、そしてセイクリムズンまで。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ