本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望 > ジャパンカップダート


コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年11月30日

ジャパンカップダート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《阪神・ジャパンカップダート》

◎ナイスミーチュー
 G1初挑戦となった昨年は11着と跳ね返されたが、今年は平安S2着→シリウスS2着と地力を増しての参戦。特に平安Sでは昨年の覇者ニホンピロアワーズに0秒1差まで迫った。前走のみやこSは良馬場発表とはいえ、その前のレースから雨が降り続いて稍重に近い状態の馬場。前が止まらずに差し及ばなかった。今回は過去3勝と得意とする阪神コース。そして例年にも増して前に重心が掛かりそうな組み合わせ。この馬の差し脚が生かせるお膳立ては十分に整っている。

○ホッコータルマエ
 今年2戦目の佐賀記念Vを皮切りに近7戦で6勝、そのうち3勝(かしわ記念、帝王賞、JBCクラシック)はG1とまさに快進撃。2着に敗れた南部杯にしても勝ったエスポワールシチーとは枠順の差だけだった。昨年の当レースでは3着だったが、今年に入っては対ニホンピロアワーズに2戦2勝。今回は極めて死角の少ない存在に。

▲ローマンレジェンド
 1番人気に支持された昨年は4着に敗退。怒濤の6連勝で臨んだものの、シーズン終盤ですでにお釣りが残っていなかったか。今年は前期に2戦のみ。そして前哨戦のみやこSを叩き台にフレッシュな状態で臨む。みやこSはデビュー以来で最高馬体重と明らかに余裕残し。59キロを背負って0秒2差の3着なら好発進か。今年は臨戦過程が違う。

 連下の筆頭は△ベルシャザール。2011年の日本ダービー3着馬。長期休養を経た後、ダートに路線を移して完全に息を吹き返した。器用さを欠くタイプだけに広々とした東京コース向きなのは間違いないが、今年はホッコータルマエをレースの重心にしてペースが速くなりそうな組み合わせ。決め脚は十分に発揮できる。他ではクリソライト、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、そしてインカンテーションまでが連下候補。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ