本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年11月17日

マイルCS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《京都・マイルCS》
 振り返って今年春の安田記念はロードカナロアが優勝。昨年の最優秀短距離馬で言わずと知れた最強スプリンターだが、マイル戦はこれが初勝利。また、2着馬ショウナンマイティに至ってはマイル戦に出走歴すらなかった。マイル路線の既存勢力が別路線組に撃破される結果に。ダイワメジャー以降は確固たる軸となる馬が不在。マイル路線はこの状況が長らく続いている。新規参入組にも十分にチャンスがある。

◎レッドオーヴァル
 今年の桜花賞2着馬。ローズSで大敗を喫するや否や、秋華賞への参戦を止めてこのマイル路線に矛先を向けてきた。前走のスワンSはコパノリチャードの逃げ切りをまんまと許したものの、直線では内から鋭い脚で混戦の2着争いに加わった。昨年のマイルCSの優勝馬サダムパテックとは全く遜色のない伸び具合。マイル路線の一線級が相手でも十分にやれることを証明してみせた。

 また、先日のエリザベス女王杯では優勝したメイショウマンボ以下、掲示板5頭のうち4頭を3歳馬が占めた。3歳牝馬のレベルの高さを同世代のライバル達がいち早く実証。今年初めの紅梅Sではメイショウマンボに3馬身もの差をつけて勝利。現3歳牝馬勢のなかではこの馬が間違いなくトップマイラーだ。低迷続きのマイル路線組が相手なら何ら臆することはない。

 既存勢力組では○ダイワマッジョーレが一番手評価。G1初挑戦となった安田記念は9着とひとまず跳ね返された格好だが、今年に入ってからはマイラーとしての階段を着実に登っている。レッドオーヴァル同様に別路線組では▲トーセンラーに注目したい。今年に入って京都記念→天皇賞・春2着と完全に本格化。マイル戦は初出走となるが、それが減点材料にならないのはショウナンマイティ(京都記念3着)がすでに証明している。連下はクラレントを筆頭はコパノリチャード、サダムパテック、ダノンシャーク、ダークシャドウ、そしてマイネイサベルまでが押さえ。


※(編集よりお詫び)本コラムの公開が遅れまして申し訳ございません。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ