本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年10月19日

菊花賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《京都・菊花賞》
 牡馬クラシックの最終戦。今年は皐月賞馬、そして日本ダービー馬がともに出走せず。周知の通り、ダービー馬キズナは凱旋門賞で世界の強豪を相手に4着と健闘。日本国内のみならず世界でもその名を轟かせた。GI馬不在で一抹の寂しさを覚えるが、代わりに主役を務めるのは春のクラシック2戦でともに2着に惜敗したエピファネイア。この馬の扱いが今年の最大のテーマ。

 振り返って、秋初戦の神戸新聞杯。レースを中団から進めたが、馬群の内に潜り込んだり、前に馬を置いたりなどはせず。小細工なしに臨んだものの、道中は行きたがることはなく何とか我慢が利いた。ロングスパートを開始した残り800メートル手前地点は京都コースでいえば坂の頂上付近。折り合い面で進境を見せて、尚且つ菊花賞本番を意識した乗り方で快勝。最大の課題はひとまずクリアした。

 距離が延びても折り合い面からの不安は少なくなったと仮定すれば、突け入る隙は展開面か。今回のエピファネイアは断然人気を背負う立場。涙を呑んだ春2冠、そして前哨戦でロングスパートを試した経緯からも本番では早めの進出が予想される。2400メートルの神戸新聞杯では直線勝負に徹したマジェスティハーツが突っ込んできたが、距離が3000メートルに延びる今回、同様のパターンで新たな馬が台頭するシーンは十分に考えられる。
 狙いは◎アドマイヤスピカ。エンジンの掛かりが少し遅いのがネックだが、追えば追うほど伸びるタイプ。前走のセントライト記念は3着に敗れたものの、1、2着馬とは夏から使っていた馬とそうでない馬との差が出ただけ。外をブン回したレース振りはトライアルとしては優に合格点。人気エピファネイアが前を早め潰す展開となりそうな今回、この馬が直線一気に伸びてくる場面を期待してみたい。

 印は◎アドマイヤスピカ、○エピファネイア、▲バンデの順。連下はアクションスター、サトノノブレス、ユールシンギング、ラストインパクト、そしてマジェスティハーツまで。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ