本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望 > スプリンターズS


コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年09月28日

スプリンターズS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・スプリンターズS》
 中心は言うまでもなくロードカナロア。連勝ストップとなった前走のセントウルSは酌量の余地がある敗戦だし、むしろ前半33秒8-後半33秒7と差し込めない流れに持ち込んだハクサンムーンを褒めてしかるべき。昨年末はこれまで日本馬が全く歯が立たなかった香港スプリントを完勝。国内は勿論のこと、スプリント部門では世界のトップレベルに位置する。それがロードカナロアだ。

 ただ、安田記念を制覇したことで純粋なスプリンターではなく、万能タイプの最強馬であることを図らずも証明してしまった。かつて同じようにマイル以下のカテゴリーで最強の名を欲しいままにしたのがタイキシャトル。その最強馬が生涯で唯一連対を外したのが引退レースとなったスプリンターズSだった。過去に連覇したのは生粋のスプリンターだったサクラバクシンオーだけ。ロードカナロアが万能タイプである以上、スプリンターとしての純度で上回る他の馬たちにも可能性はまだ十分に残されている。

 実際に連勝を止めたハクサンムーンがまずは有力候補だが、セントウルSは全てがうまくいった感が否めない。対ロードカナロアで再度の封じ込めとなると…。代わりに期待してみたいのはサクラゴスペルだ。

 昨年末から3連勝で今年春のオーシャンSを勝利。続く高松宮記念では0秒3差の4着。また、余勢を駆って出走した安田記念は0秒4差の5着。ベストと言い難いマイルGIでの健闘は本格化を告げると同時にさらなる可能性を感じさせた。今回はブリンカー装着という起爆剤を用意。スプリンターとして完全に覚醒すれば大仕事も十分可能とみる。

 印は◎サクラゴスペル、○ロードカナロア、▲グランプリボスの順。連下はドリームバレンチノを筆頭にアドマイヤセプター、ハクサンムーン、パドトロワ、そしてマジンプロスパーまで。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ