本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年09月14日

ラジオ日本賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・ラジオ日本賞》
 ダートの中距離路線はホッコータルマエ、ニホンピロアワーズらのGI馬を頂点として重賞常連組に関しては勢力図が次第に固まりつつある。対して裾野を形成するオープン級は混沌とした状況下。番組編成上、どうしても似通ったローテになりがちだ。ここも大別すれば阿蘇S組(6頭)とエルムS組(3頭)の2つ。新鮮味に薄い馬たちよりも、新興勢力の台頭を自ずと期待したくなる。

◎ベルシャザール
 一昨年の日本ダービー3着馬。長い休養期間を経たが、復帰した今年からはダートに路線変更。前走の白川卿S(中京ダート1800メートル)は降級の身とはいえ、好時計で5馬身差の圧勝だった。500キロを優に超えるパワータイプのキングカメハメハ産駒。半兄はこのレースに出走しているナイトフッド。ダート適性の高さに何ら疑いはない。
 その前走の走破タイム1分50秒9は同開催のOPジュライSとわずか0秒2差。前半1000メートル通過タイムが白川卿Sの方が1秒3も遅かったことを考慮すれば、数字面の優秀さが浮き彫りになってくる。また、ジュライSの2着馬は阿蘇Sの勝ち馬ゴールスキー。このクラスのオープン級とは初対戦となるものの、何ら気後れは感じさせない。キャリア面からまだ伸びしろは大きく、斤量55キロなら一気の連勝も十分に可能とみる。

○インカンテーション
 今年のレパードSの勝ち馬。2馬身半差は完勝の部類。中山コースは春の伏竜Sで4着に敗れているものの、勝ったコパノリッキー(兵庫チャンピオンS勝ち)とはわずか0秒1差。舞台に不足はない。古馬の強敵相手でもここは期待が大きく先行する。

 既存勢力組では使いつつ上昇している▲ツクバコガネオーを一番手評価。連下は△グラッツィアを筆頭にスタッドジェルラン、セイリオス、マーチャンテイマー、そしてメテオロロジストまでが押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ