本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年06月29日

ラジオNIKKEI賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《福島・ラジオNIKKEI賞》
 春のGI出走組とここを飛躍の足がかりとしたい勢力が激突するこのレース。出走各馬の臨戦過程は様々で戦前から混戦ムードが漂っている。例年と異なり、今年は開幕週で施行される。小回り特有の速い流れから差しが決まるのがこのレースの傾向だが、今年はそれに加えて、スピード競馬への対応も大きなポイントとなってくるか。

◎ダイワストリーム
 2走前のスイートピーSはオークスへの優先出走権は逃したものの、前残りのスローペースのなか、メンバー最速の33秒4を繰り出しての3着。続くカーネーションCは長い直線を味方に鮮やかな差し切り勝ち。鋭い決め脚が武器かと思えば、初勝利は器用さが要求される中山マイルで好位からの抜け出しVだった。今回が重賞初挑戦。ここは大きな試金石となるが、競走馬としての資質では何ら見劣らない。軽量51キロ、タフさが要求されない開幕週の馬場なら一発大駆けも十分。

○インプロヴァイズ
 2勝目を挙げるのに時間は要したものの、前走は鬱憤を晴らすかのような一気の差し切り勝ちだった。昨年の東京スポーツ杯2歳Sはレコード決着の3着。もとより時計の速い決着に不安はない。やや気性の勝ったタイプだが、コーナー4回の舞台なら折り合いはつけやすい。このレース特有の流れになれば前回同様の爆発力を引き出せる。

▲フラムドグロワール
 結果的に距離が長かった日本ダービーでも終わってみれば0秒5差。1800メートルに距離を短縮する今回、NHKマイルC3着の実績が大きくクローズアップされる。速さが要求される馬場ならば、マイルを1分32秒8で走破した速力を見直したい。

 連下は△シャイニープリンスを筆頭にアドマイヤドバイ、ガイヤースヴェルト、サンブルエミューズ、シンネン、そしてミエノワンダーまでが押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ