本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年06月22日

宝塚記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《阪神・宝塚記念》
 オルフェーヴルの出走回避により四強対決は幻となった。それでも三強対決。残念ながらフルゲートには満たなかったが、ジェンティルドンナ、ゴールドシップ、そしてフェノーメノの対決でも豪華な好カード。馬券を離れて興味の尽きない1戦となった。

◎ジェンティルドンナ
 オルフェーヴルに本当の意味で初めて土をつけた昨年のジャパンCは記憶に新しいところ。果敢に挑んだ今年3月のドバイシーマクラシックは2着に敗退。とはいえ、初の海外遠征でナイター競馬も初。レースでは道中掛かり通しで惨敗のケースも十分に考えられたが、直線では十分な見せ場を作ってみせた。敗れた相手はBCターフなどGI6勝の強豪セントニコラスアビー。決して悲観する結果でなく、むしろ世界ランクの実力を再認識させられた。

 今回は海外帰りの復帰初戦。当然ながら体調面が懸念されるが、5月中旬に栗東に帰厩してからは順調に調教メニューを消化。最終追い切りではさすがの脚力を見せつけた。ドバイ遠征後にヴィクトリアマイルに出走したウオッカ、ブエナビスタと比較すれば、十分過ぎるほどのレース間隔。目に見えない疲れの不安も少ないか。不慣れな海外アウェーではなく、国内での調整だけに精神面も楽。昨年の年度代表馬だけに渡り合う立場ではない。強敵2頭を迎え撃つべく、態勢は整ったと判断する。

 春の天皇賞では決定的な差がついた○ゴールドシップと▲フェノーメノだが、ゴールドシップの前走はいくらか調整面の狂いがあったか。実戦で突っ張ったような走りは本来の姿ではなかった。今回の最終追い切りではフォームがグンと柔らかくなった。実のところ力量はまだ甲乙つけ難い。最終でパワーを要する馬場ならば、スピードの持続力で勝負するフェノーメノよりも、持久力に優れたゴールシップを上位に取りたい。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ