本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の日曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年03月02日

弥生賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・弥生賞》
 本番と同舞台のトライアルで東西の雄が早くも激突する。まずは注目の初顔合わせ。東の雄コディーノは昨年暮れの朝日杯FSで連勝が3でストップ。とはいえ、当日はテンションが高かったし、レースでは外に持ち出した際に引っ掛かってしまった。それでも勝ったロゴタイプにクビ差まで迫ってタイム差なしの2着。負けてなお強しの内容だった。この1戦を踏まえてか、今年に入ってからは調教で折り合い重視のメニュー。2000メートルの実戦でこれが実を結ぶか。課題がクリアできている否かが焦点。

 対する西のエピファネイアは無敗の3連勝中。これまで3戦はいずれもスローの競馬で折り合い面の課題はすでにクリアしている。今回は初の長距離輸送、舞台経験とキャリアを積む意味合いが強いか。この厩舎らしく十分な攻め量は積んでいるものの、おそらくは本番を見据えてお釣りは残しているはず。注目の集まる対決だが、この2頭があくまでトライアル仕様なら本番への出走権奪取を目論む他馬にも突け入る隙は十分にある。期待をかけるのは◎キズナ。

 新馬→特別と連勝。いずれもディープ産駒らしく速い脚を繰り出しての差し切り勝ち。続くラジオNIKKEI杯2歳Sは前半1000メートル通過が66秒台と超のつくスロー。その2番手から運んだものの、前半からずいぶんと力む場面。自身の自滅もあったが、発表以上に悪い馬場で切れ味も封殺された。決して力負けではない。巻き返しを図るべく調教ではハードなメニューを消化してきた。半姉は桜花賞、秋華賞とクラシック2冠に輝いたファレノプシス。ここを制して春の主役に躍り出る資格は十分に備えている。

 印は◎キズナ、○エピファネイア、▲コディーノの順。連下は△カミノタサハラを筆頭にクロスボウ、サトノネプチューン、ダービーフィズ、そしてバッドボーイまでとしたが、あくまで三つ巴の様相。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ