本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月14日

アネモネS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・アネモネS》
 先週の弥生賞はトゥザワールドが辛勝ながらも見事な4連勝。クラシック候補に堂々と名乗りを上げた。牡馬の勢力図は徐々に明らかとなってきた。対する牝馬勢は昨年の阪神JF組がクイーンC、そして先週のチューリップ賞で順調な滑り出し。特にハープスターは驚愕の強さだった。阪神JFでは惜しくも涙を呑んだが、この馬が牝馬クラシック路線の中心であるのは間違いない。

◎マーブルカテドラル
 5頭もの重賞ウイナーが顔を揃えた昨年の阪神JFは近年では最もハイレベルな組み合わせ。そこで0秒4差の5着。次の本番を見据えた仕上げにせよ、1勝馬が大半のメンバーなら力量は断然だ。当該舞台は昨年の芙蓉Sで勝利。コースに不足はない。小柄ながらダイワメジャー産駒らしく骨格のしっかりとしたタイプ。目下の時計を要する馬場を苦にしないパワーも備えている。大崩れするシーンは考えにくく、ここは相手探しの1戦。

○ニシノミチシルベ
 昨秋のアルテミスSではマーブルカテドラルから0秒2差の3着。本来なら大きく扱うべき存在だが、年明けの菜の花賞は12キロ増、そして前走のエルフィンSは一転して20キロ減と近2走は馬体の増減が大きく影響した印象。この馬に関しては馬体面を中心に当日の気配が大きなカギとなる。

▲タイセイティグレス
 デビュー戦はカラダレジェンド(G2京王杯3歳S)の2着。続く未勝利戦は順当勝ち。ただ、年明けのクイーンCは直線で包まれてしまい不完全燃焼の内容に。スムーズだったら3着以下とは差はなかったはず。まだ大きく底を見せていないのは大きな魅力。

 連下の筆頭は△アンジェリック。前走でようやく未勝利を脱したが、これまで実戦では常に力を出し切るタイプ。馬群を割れる強みもあるだけに混戦でマークしておきたい1頭。他ではウエスタンメルシー、カウニスクッカ、ペイシャフェリス、そしてマルクプレンヌまでが押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ