本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月22日

阪神カップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《阪神・阪神カップ》
 高額賞金のいわゆるスーパーG2。主催者の思惑通り、シーズン末期でもこの路線の一線級が顔を揃える。今年も数多くの重賞ウイナーに伏兵陣がまじって非常に見応えのある1戦となった。

◎サダムパテック
 連覇を狙った前走のマイルCSはスタートで出負け。好位の内にダイワマッジョーレが先に収まってしまい、1枠2番という好枠を生かせず。直線を向いてからは狙ったスペースをダノンシャークに先に奪われてしまい、不完全燃焼の内容となった。今回はG1後の1戦だが、大型馬の叩き3戦目だけに状態面でまだ上積みが見込める。時計がかかり出してパワーを要する馬場はこの馬向き。反撃可能な材料は十分に揃っている。

○ダイワマッジョーレ
 マイルCSは好位のインから完璧な立ち回り。それで差されたのだから勝ったトーセンラーの決め脚を褒めるべきか。今年に入って差し脚に磨きをかけるとともに、近走は流れに応じた自在性を身につけている。ここも大崩れすることは考えにくい。

▲ラトルスネーク
 スローペースに泣いた前走の京阪杯は上がり32秒4の脚。立ち遅れたが大きく響いた2走前のスワンSでもメンバー最速上がりをマークした。こと末脚の破壊力ならこのメンバーに入っても何ら見劣りなし。ここは一発の魅力を秘めている。

△コパノリチャード
 8枠16番からの発走となるが、今回もハナを奪って主導権を握ることは確実。一本調子のタイプではなく、2走前のスワンSのようにいかに絶妙な逃げに持ち込むか。ここはペース配分が大きな鍵に。

 連下はガルボ、クラレント、サンカルロ、そしてマジンプロスパーまでが押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ