本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望 > ラピスラズリS


コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月20日

ラピスラズリS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・ラピスラズリS》
 スプリント戦としてはスローで流れた京洛S、京阪杯、そして尾張Sの出走馬が大半を占めている。舞台は替わってゴール前に急坂が控える中山コース。そして今回はツインクルスター、メモリアルイヤーと明確な徹底先行タイプがいるメンバー構成。流れが緩むことはまず考えられない。着順は大きく変わってきそうだ。最終週の馬場を考慮して狙いは差し・追い込みタイプだ。

◎サイレントソニック
 前走の京阪杯は後方で折り合いを欠いたうえにスローで外を回る展開。15着大敗もやむなしか。今回は前が速くて流れが向きそうな組み合わせ。加えて、今開催の中山芝コースはクッション性が高くて差しが利く馬場。最終週ならこの傾向に拍車が掛かりそうだ。2走前のオパールSはエピセアローム(12年セントウルS勝ち)と小差。この相手関係でも引け目は全くなし。展開と馬場を味方にすればここは頭(1着)で狙える状況下だ。

○プレイズエターナル
 前2走はスローの展開でも存在感を十分に示したが、平坦コースではさすがに差し及ばなかった。今回は2走前に好時計で完勝した中山芝1200メートル。その時の走破タイム1分07秒4は翌週のスプリンターズSとわずか0秒2差だった。来年以降は間違いなく重賞戦線での活躍が見込める素質馬。コース替わりでまずは反撃に転じる。

▲ティーハーフ
 前記プレイズエターナルとは過去4度対戦して3回先着。休み明けの分、今回は評価を一枚下げたが、まともならここでも主役を張れる能力の持ち主だ。半兄ラッキーナインは一昨年の香港スプリントの覇者で日本でも馴染みの深いA級スプリンター。素材のみならず、その血統背景は大きな魅力。

 連下は京阪杯の勝ち馬△アースソニックを筆頭に、エーシンヒットマン、ツインクルスター、ハノハノ、モグモグパクパク、そしてレオアクティブまで。混戦だけに手広く押さえたい。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ