本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望 > ディセンバーS


コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月13日

ディセンバーS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《中山・ディセンバーS》
 今開催の中山の芝コースは例年通りよりも馬場がソフトな状態。ジョッキーによっては「函館に近いイメージ」と形容する声も。差しが決まりやすいのが大きな特徴だ。

◎モンテエン
 当レースは3年連続の出走で昨年は0秒2差の5着。その昨年度は約6カ月の休養明けだったが、今年は順調に稼働しているなかでの参戦となる。前走のアンドロメダは直線だけで4着まで押し上げ。勝ったラウンドワールドは別として2、3着馬とは位置取りの差だけだった。重馬場をものともしなかった姿に気力の充実を確認。中間の調教からは一段と調子を上げており、今回は過去【2101】の中山コースに替わる。差しが利く目下の馬場状態を味方にここは一発の予感。

○サクラアルディート
 前走のエプソムCは勝ったジャスタウェイに次ぐ上がり33秒1をマーク。勝ったクラレントからはわずか0秒3差。1800メートルは過去【3403】。重賞の舞台で距離適性の高さを改めて示した。中山コースは初見参となるが、先差自在の脚質だけに即座に対応できるはず。休み明けも入念に乗り込まれており、鞍上にはムーア騎手を配してきた。いきなりから勝負ムードを漂わせている。

▲クラウンレガーロ
 前走のオーロカップ(芝1400メートル)は0秒2差の3着と休み明けから好発進を決めた。プラス18キロと馬体面でもしっかりと成長を見せての戦列復帰。若葉S2着→皐月賞8着ならこの距離も当然ながら守備範囲。

 連下の筆頭は△ミヤジタイガ。トライアルとはいえ、キズナとエピファネイアに先着した弥生賞2着は光る戦歴。距離、コースともここはほぼベストの条件設定だ。他ではエアソミュール、セイウンジャガーズ、ダービーフィズ、そしてフェイムゲームまで押さえ。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ