本文へジャンプします。





コラム

吉田 均
吉田 均

競馬マイスター 吉田均の土曜レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2013年10月18日

富士S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
《東京・富士S》
 開幕週の毎日王冠、そして先週の府中牝馬Sに続いて今回も典型的な逃げ馬が不在。多頭数のマイル戦だけに前2週のような極端に緩むことはないだろうが、ここもスローペースが濃厚。瞬発力の優劣、そして道中のポジショニングで大きく明暗が分かれそうだ

◎レッドアリオン
 春はニュージーランドT2着→NHKマイルC4着の足跡。そのNHKマイルCはスタートで大きく立ち遅れて最後方からとなったが、直線はメンバー最速の脚で4着まで押し上げてきた。2勝目を挙げたフローラルウォーク賞(中京芝1600メートル)を含めて、同じマイル戦でも左回りの方が断然弾けっぷりがいい。一つ上の半兄クラレントは昨年の当レースと今年の東京新聞杯を制しており、血統背景もこの東京マイルでの躍進を大きく後押しする。休養明け、右回りだった前走は度外視。条件好転のここで狙い撃つ。

○サンレイレーザー
 明け4歳の今年に本格化。2走前のマイラーズCはグランプリボスに続く2着、そして前走のエプソムCは見せ場たっぷりの内容で0秒1差。すでに重賞タイトルに手が届くところまで地力を身につけている。休養明け初戦としては不足のない乗り込みで過去【3210】のマイル戦から始動。決して切れるタイプではないが、前めのポジションで運べるのがこの馬の大きな強み。

▲ダノンシャーク
 今年の安田記念の3着馬。秋初戦の京成杯AHは2着だったはいえ、勝った馬とは実に6キロもの斤量差。58キロを背負って1分32秒0走破なら上々の好発進とみていい。叩き2戦目で今回は別定戦。ひとまず格好はつけてくるだろう。

 連下には過去に左回りで連対を外したことがない△インパルスヒーローが筆頭。他ではエーシンミズーリ、カシノピカチュウ、ガルボ、ブレイズアトレイル、そしてリルダヴァルまで。展開面が流動的だけに手広く押さえたい。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ