本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬 > 中京記念の追い切り注目馬です


コラム

辻 三蔵
辻 三蔵

辻三蔵の追い切り注目馬・危険な人気馬

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月21日

中京記念の追い切り注目馬です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の追い切りで注目馬、危険な人気馬

≪中京記念(G3) 中京・日曜11R 芝1600m≫

◎ダノンリバティ 【注目度数 5】

助 手 20170719 栗東坂路 不良 50.5 37.2 24.8 12.8 一杯に追う

○坂路でラスト2Fを高速ラップでまとめる 夏男が反撃態勢○

 ダノンリバティは気温の上昇と共に調子を上げる夏馬。7〜8月は[2−2−0−1](複勝率80%)。昨年夏も関屋記念で2着(7着)に好走している。先頭に立つと気を抜く面があり、重賞では2着4回と勝ち切れないのが弱み。調教の段階から厳しく接することで集中力が増す傾向がある。

 3カ月ぶりの実戦だが、放牧先のノーザンファームしがらきから6月28日に帰厩。坂路中心に調教本数を6本消化。今週19日の栗東坂路には開門から6分後の午前5時5分に登坂。前半から意欲的に飛ばし、ラスト2Fを[12秒0−12秒8]の高速ラップでまとめた。

 調教時計は[4F50秒5−3F37秒2−2F24秒8−1F12秒8 一杯]。

 4F50秒5は同日の栗東坂路では4番目に速い好タイム。併せたレッドラウダ(古馬1000万)を3馬身突き放し、脚力の違いを見せた。

 ダノンリバティの調教パターンを調教コース:栗東坂路、4F51秒0以内、3F37秒5以内、2F25秒0以内、1F12秒9以内、併せ調教:先着・同入に設定した場合、[2−2−0−1](複勝率80%、複勝回収率186%)と好成績を収めている。

 昨年の中京記念(5着)は急激な馬体増が響いて本来の伸びを欠いたが、今年は手加減なく、キッチリ仕上げてきた。調教と実戦が直結するタイプだけに今回が絶好の狙い目だ。


週末の辻三蔵さんの予想は、競馬道OnLineプレミアム予想コーナー で!


@niftyオススメコンテンツ

競馬道Online

競馬道Online

本命サイドから穴狙いまで予想コラム&データ予想が楽しめる競馬総合サイトで辻三蔵の予想が公開中!


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ