本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 七夕賞・プロキオンS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年07月12日

七夕賞・プロキオンS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、福島競馬場でハンデ重賞の「七夕賞」、中京競馬場でダート重賞「プロキオンS」がそれぞれ行われる。
 まずは、福島の七夕賞。最軽量馬イケドラゴン48キロからトップハンデのダイワファルコン、マイネルラクリマ58キロまで、斤量差10キロと開きの大きいハンデ戦で波乱含みの一戦となった。
 昨秋の同舞台でレコード決着となった重賞「福島記念」の1、2着馬が揃って58キロのトップハンデ、克服なら案外アッサリもありうるが、ここは別馬から入ってみたい。一叩きで一変ムードのダコール、直線で一旦は先頭のシーンと、前走の目黒記念で見せ場を作ったラブリーデイ、夏場は走る傾向にあるメイショウナルトといったあたりを有力候補として挙げておく。狙って面白いのが、斤量50キロでの出走となるコスモバルバラ。牝馬限定戦だったとはいえ前走の重賞でも連対を確保しており、引き続き同斤量なら再度の好走もありえる。
 一方の、中京メイン「プロキオンS」は別定戦で行われる。狙いの中心となるのはベストウォーリア。前走は2着に敗れているが、除外を挟み仕上がり一息だったことを思えばまったく悲観することはない。前走以上の攻め気配、1ハロンの距離短縮も大きなプラス、何より別定56キロは有利でここはキッチリ決める。
 3歳牝馬で51キロで出走となるコーリンベリー、ここにきて本格化ムードのキョウワダッフィー、前走好内容勝ちのキョウエイアシュラ、決め手鋭いシルクフォーチュン、3着健闘の前走に良化気配を窺わせたアドマイヤロイヤルを相手候補に挙げるが、他にも、ノーザンリバー、ゴールスキーなどの実績馬も怖さ十分で、配当が合うかだが、手広く流しての馬券勝負が無難だろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ