本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > ラジオNIKKEI杯・CBC賞


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年07月05日

ラジオNIKKEI杯・CBC賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 宝塚記念も終わり、今週からは、福島、中京競馬開催。いよいよ夏競馬開幕といった感じだ。降級馬狙い、滞在馬狙い、斤量有利な3歳馬狙いと有効な馬券戦略がある夏競馬は、普段の中央場所とは違った楽しみがある。
 さて、日曜日は、福島競馬場で3歳馬のハンデ重賞、「ラジオNIKKEI杯」、中京競馬場でスプリント重賞の「CBC賞」と2鞍の重賞が組まれている。
 まずは福島のラジオNIKKEI杯。トップハンデショウナンワダチ56キロから最軽量馬カウニスクッカ、トシザキミの51キロまでハンデ差は5キロで波乱含みの一戦だ。
 実績的に抜けているのはニュージランドTで2着のショウナンワダチ、スプリングS3着のクラリティシチーと重賞で好走歴を持つ2頭。前者のショウナンワダチは脚質的に小回り福島克服が鍵になりそう。一方、後者のクラリティシチーは格下が相手だったとはいえ、これまでのレースと一変して逃げる競馬で結果を出したのは大きく、コース形態、開幕馬場ということを踏まえれば買うならクラリティシチーの方だろう。ただ、能力はそこまで抜けているという感はない上に、ハンデ戦他馬から狙う手も十分ありだろう。
 3戦2勝とまだ底を見せていないラリングクライ、クビ差2着の前走が好内容だったビオネロといったあたりが逆転候補に挙げられる。少々狙いは絞りづらいが、その半面、配当妙味が期待できる競馬で馬券的に非常に楽しみなレースだ。
 一方の中京メインCBC賞。こちらもハンデ戦で、トップハンデ57キロを背負うスギノエンデバーから最軽量馬リアルヴィーナス50キロまで斤量差は7キロと波乱必至。
 休養を挟んで3連勝と本格化ムードのルナフォンターナ、前走好内容勝ちのワキノブレイブ、夏を迎えて調子を上げてきているエピセアローム、斤量有利なリアルヴィーナス、実績馬スギノエンデバー、2走前のフィリーズレビュー制覇が光るベルカントとどこからでも狙いが立つ。こちらも福島同様、馬券妙味十分といった感じのレース、思い切った狙いもアリのレースだ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ