本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年06月28日

宝塚記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、春のGIシリーズの最終戦「宝塚記念」」が行われる。頭数は12頭と少なく、春の天皇賞を制したフェノーメノの名はないものの、それでも海外GIを制覇したジェンティルドンナ以下6頭のGIホースが出走とグランプリに相応しいメンバーが揃って、っ非常に見応えのある一戦だ。
 まずはジェンティルドンナだが、昨年はジャパンCの1勝に終わり、年明け緒戦の京都記念を6着に敗れたが、前走のドバイシーマクラシックで改めてその強さを再認識させられた。昨年の同レースでは4着に敗れているが当時は、万全の状態になく阪神2200Mのコース自体は問題ない。帰国緒戦もここ照準に万全の仕上がりを見せており昨年の雪辱を果たす可能性は高い。
 次にウインバリアシオンだが、ここまでGIタイトルこそないが前走の天皇賞・春でクビ差2着など常に上位争いをしているように能力は決してヒケを取らない。展開・馬場不問の安定感、攻め気配も上々でここも崩れるシーンは想像し難い。
 ゴールドシップは前走の天皇賞が不利があったとは多少の物足りなさが残る。ただ昨年の同レース制覇をはじめ阪神コースで滅法強い馬、攻め気配は良好でベストの舞台で連覇も十分考えられる。
 以上3頭が現時点で人気を集める格好となっているが、前走のGIヴィクトリアマイルを鮮やかに逃げ切り復活の狼煙をあげたヴィルシーナ、昨年のジャパンカップでジェンティルドンナにハナ差まで迫っているデニムアンドルビー、天皇賞・春で3着と上々の走り、ここきて急激に力を付けてきているホッコーブレーヴ、一叩きで一変ムードのフェイムゲームと伏兵もズラリ。さらには、GI3勝のメイショウマンボも虎視眈々。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ