本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年06月07日

安田記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、春のマイル王決定的となるGI「安田記念」が東京競馬場で行われる。金曜日から降り続く雨の影響で残念ながら重馬場での戦いとなるそうだ。
 注目を一身に集めるのはドバイデューティフィフリーで世界の強豪を相手に6馬身差の圧勝劇を決めたジャスタウェイ。ジェンティルドンナ以下に4馬身差つけて完勝した昨年の天皇賞・秋を境に急激に力をつけた。道悪の中山記念を快勝しており馬場は心配なしだが、帰国緒戦の今回は状態が鍵になりそう。あまりに人気を被るようであれば他馬から入る手も十分ある。
 筆頭はワールドエース。2歳時の東京スポーツ杯では前述ジャスタウェイを敗っており素質は互角以上。残り1ハロンで先頭に立ちレコード勝ちを決めた前走のマイラーズッカップが実に強い競馬だった。プラス16キロの馬体には休養を挟んでの急成長が窺えたし、ここは勢いに乗ってタイトル奪取も十分ありえる。
 そのマイラーズカップで2着に駆けたのがフィエロ。馬券圏内を外さぬ安定感はGIのここでも魅力的。引き続き攻め気配は良好でチャンスは十分だろう。
 他では、東京マイルでGI[ヴィクトリアマイル]を制覇しているホエールキャプチャ、後続に5馬身差をつけ、1800MのJRAレコードを樹立した前走が光るグランデッツァ、昨年の同レース3着馬、久々も好仕上がりを見せているダノンシャーク、久々、接触する不利があるもキッチリ連対は確保した前走に高い能力が窺えたクラレントといったあたりも展開如何では台頭のシーンも。5連勝でGI「NHKマイルC」を制覇した3歳の好素質馬ミッキーアイルも斤量54キロでスンナリ行けるようだと怖い存在になりえる。

 なお、的中率、回収率を徹底的に重視したメールマガジン高橋研の馬券哲学特別版が、「新おとなの遊び場」で今月からスタートです。(初月無料、パソコン・スマホ対応)


【新おとなの学び場 「高橋研の馬券哲学 特別版」】
http://otomana.nifty.com/authors/takahashiken/

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ