本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年05月24日

オークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は東京競馬場で、3歳牝馬の頂点を決めるオークスが行われる。注目は何と言ってもハープスターをおいてほかにはないだろう。
 ここまで5戦4勝2着1回の戦績、唯一2着に敗れた阪神ジュベナイルFにしても着差はハナ内容的には一番強い競馬をしていたことは間違いない。新潟2歳Sで後の皐月賞馬イスラボニータを子供扱いしている素質は世代トップと言っても決して過言ではないだろう。3歳牝馬クラシック第一戦の桜花賞は着差こそクビ差と僅かだったが、大外を回り断然の上がり32秒9をマークした内容は圧巻だった。この中間も至極順調に来ており仕上がりは万全、直線長い東京コースも、2400Mへの距離延長もプラスに映るここは2冠達成に向けて死角はない。馬券の焦点は2、3着争いとなるが、以下は混戦で相手は絞りづらい。
 果敢に皐月賞に挑んだ前走は10着と敗れたが、フラワーカップを完勝しているように能力はかなりのもの。攻め気配に調子落ちはないしここは大きく見直せるバウンスシャッセ、スタート一息も、直線で一頭だけ次元の違う伸び脚で差し切った前走の末脚が光るサングレアル、桜花賞は8着と案外の結果に終わったが、3勝間マークの東京コースに替わって反撃必至のフォーエバーモア、前走のフローラSは出遅れの不利が大きく応えての敗北で度外視の競馬、攻め気配に調子落ちは見られないマジックタイム、トライアル2着馬ブランネージュといったあたりが相手候補と見ているが、どれも決定打二はかけており均等流しでの馬券勝負が無難か。少々穴っぽいところでは、マーブルカテドラルを挙げておく。ここ2戦は出遅れる不利が響いて力を出し切れていない印象、アルテミスS勝ちの内容から、実力的にはもう少しやれて良い。叩き3戦目のここは要警戒だ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ