本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > NHKマイルC・新潟大賞典


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年05月10日

NHKマイルC・新潟大賞典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、東京競馬場で3歳限定のマイルGI「NHKマイルカップ」が行われる。注目はミッキーアイル。デビュー戦こそ2着に敗れているが、その後は重賞(シンザン記念、アーリントンC)2勝を含め4連勝とマイルで圧勝続き。ニュージランドTを見送り馬体回復、坂路で好時計をマークして仕上がりも万全でV5でGI制覇も十分。ただ揉まれた際にどうかの心配もあり、全面的に信頼するのは少々危険かもしれない。
 相手の筆頭となるのが2歳チャンピオン決定戦「朝日杯FS」で2着に健闘しているショウナンアチーヴ。出遅れる不利があるも差し切ったニュージランドTを着差以上に強い競馬で制し2戦目でキッチリと変わり身を見せた。3戦目でまだまだ上積み十分、東京コース実績も十分でまとめて差し切るシーンも十分考えられる。
 次位に続くのが、強力メンバーが顔揃えたファルコンSで2着に健闘しているサトノルパン。ここにきての地力強化顕著でGIでも通用してもおかしくはない。前述ミッキーアイルにデビュー戦で先着、取り消し明けも仕上がりに不安はないアトム、好位追走から最後までキッチリ伸びて連対を確保した毎日杯の走りを評価できるエイシンブルズアイも差は僅かといったところ。
 ここはミッキーアイルが人気を被りそうなだけに、ボックス馬券で勝負するのがおもしろい。
 一方、新潟競馬場では、ハンデ重賞「新潟大賞典」が行われる。斤量の上下差は2.5キロと開きが少なくハンデはそう気にする必要はないだろう。
 本命には、最速の上がりをマークして、余力十分に差し切った前走に完全復調を窺わせたレッドレイヴンを挙げておく。脚質的に新潟外回りコースはピッタリ、攻め気配更に上昇で勢いに乗って初重賞制覇を決める。叩き3戦目で上昇ムードのユールシギング、久々の前走で2着と上々の走りを見せたマジェスティハーツ、距離短縮で一変ムードのタマモベストプレイ、一息入れて立て直し図ったメイショウナルト、3歳時に重賞勝ちの実績を持つケイアイチョウサン、一叩きで大きく変わるレインステックといったあたりに手広く流す。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ