本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 天皇賞(春)・スイートピーS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年05月03日

天皇賞(春)・スイートピーS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日の京都メインは古馬の頂上決戦「天皇賞・春」。注目となるのは昨年の日本ダービーを完勝、凱旋門賞でも海外のトップクラスを相手に4着に健闘と上々の走りを見せたキズナ。帰国緒戦となった大阪杯も断然の上がり33秒9をマークして危なげなく差し切って見せた。折り合いスムーズだしレース振りから3200Mへの距離延長に何ら不安はなし、重賞勝ちあり京都へのコース替わりも気にならずまず勝ち負けだ。
 これに続くのが、ウインバリアシオン。ここまでGI勝ちのタイトルこそないが、3歳時のダービー、菊花賞、そして昨年の有馬記念とここまでオルフェーヴルの2着が3回と実力的にはいつGIを制してもおかしくはない。前哨戦の日経賞を貫録勝ち、屈健炎から完全に復調を遂げ待望のタイトル獲得を目指す。
 昨年の同レースを制覇、長期休養明けを一叩きして大きく上昇するフェノーメノ、ここまで皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念とGI4勝をマーク、前哨戦の阪神大賞典を完勝して昨年の雪辱に意欲を燃やすゴールドシップの2頭が続く。
これら4頭と他馬との実力差はかなりのもので4強ムード対決と見て間違いはないが、やや中心は決めづらいのも事実。ここは配当次第だが、4頭ボックスで攻めるのが無難だろう。
 東京のメインレースはオークストライアルの「スイートピーS」。まだ1勝馬だが、エルフィンS2着、重賞のフラワーカップで掲示版入りと実力はまったく見劣らないショウナンパンドラに注目している。レース振りから直線長い東京へのコース替わりもプラスに映るし、デキも万全でキッチリとオークスへの出走権を手中におさめることだろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ