本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > フローラS・マイラーズC


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年04月26日

フローラS・マイラーズC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、東京競馬場でオークストライアルの「フローラS」、京都競馬場で、マイル重賞「マイラーズC」が行われる。
 まずは、東京メインのフローラS。注目は、桜花賞をスルーして、東京開催に照準を合わせて万全の仕上がりで臨むマジックタイム。前走のクイーンSはクビ差2着に敗れているが、出遅れ、直線で前が壁になり追い出しを待たされるシーンと不利が重なったことを思えば、スムーズなら結果は違っていたという競馬だった。2週にわたり攻めで絶好の動きを披露、レース振りから2000Mへの距離延長もプラスといえ、キッチリ結果を出してオークスへと駒を進める。
 直線で一旦は先頭のシーンと前走が見せ場十分の競馬、重賞で2度の連対歴を持つマイネグレヴィル、1勝馬も秘める素質は相当、オークス出走の権利獲得へ意欲を燃やすサングレアルが相手となる。
 以下、前走好内容勝ちのブランネージュ、デビュー後3着以下なしと抜群の安定感を見せるハピネスダンサー、前走好内容の2着、一戦ごとに調子を上げるムードスウィングスも侮れない存在。

 一方の京都メイン「マイラーズS」は別定戦だが、全馬が56キロという組合わせで能力拮抗。一応の中心にはフィエロを挙げる。久々、出遅れる不利を物ともせずに後続に3馬身半差をつけた前走が圧巻だった。休養を挟んで3連勝と完全本格化、一叩きの上積みも大きく見込め初重賞制覇十分。
 今回と同舞台の重賞「京都金杯」を制しているエキストラエンド、重賞2着の前走に復調気配が窺えたカオスモス、GIで連対歴を持つ好素質馬ワールドエース、久々も好仕上がりを見せるオースミナインといったあたりが相手としては有力だ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ