本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年04月12日

桜花賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、阪神競馬場で3歳牝馬クラシックの第一戦となる桜花賞が行われる。注目となるのは何と言ってもハーブスターだろう。暮れの阪神ジュベナイルFfでは僅かにハナ差及ばなかったが最速の上がりをマークして追いこんだ内容は負けて強しを思わせる競馬だった。新潟2歳Sで「共同通信杯」を勝ち馬場クラシックの有力候補に名前を連ねるイスラボニータを敗っておりポテンシャルは相当。前哨戦のチューリップ賞を危なげない競馬で快勝と好発進、揉まれる心配のない大外枠を好都合でここは人気でも逆らう手はないだろう。
 これに続くのが、フォーエバーモア。阪神ジュベナイルFでは3着と敗れているが、直線で一旦は先頭のシーン、ハイペースを早目早目に立ちまわったことを考えれば十分評価ができる競馬だった。年明け緒戦のクイーンカップは着差こそクビと僅かだったが2番手追走から早目先頭の競馬で推し切った内容は着差以上に強い内容だった。十分に間隔を取り万全の仕上げ、立ち回りのうまさを生かして逆転を目論む。
 阪神ジュベナイルで上記2頭を敗ったレッドリヴェールも無論注目の一頭に挙げれる。使い減りが激しく、ぶっつけで桜花賞は予定のローテーション。入念な乗り込みを消化し万全の仕上がりで臨むここは阪神ジュベナイルの再現も十分だろう。
 以下、チューリップ賞でハーブスターの2着に健闘しているフォーエバーモア、2歳時にレコードで重賞を制覇しているホウライアキコ、掲示板を外さぬ安定感魅力なマーブルカテラドル、フィリーズレビュー勝ちのベルカントと言ったあたりまで争覇圏内となる。追って渋太いレース振り、コース替わり、距離延長でアドマイヤビジンが穴として面白そうだ。
 

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ