本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 大阪杯・ダービー卿CT


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年04月05日

大阪杯・ダービー卿CT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今週は中山、阪神の2場開催、日曜日は両メイン共に重賞レースが組まれている。まずは阪神メインの大阪杯。8頭立てと少頭数の競馬となったが、3頭のGIホースをはじめメンバーはかなり強力、春のGIに向けて見逃せない一戦となった。
 中でも注目となるのはキズナ。昨年のダービーを制覇、凱旋門賞でも海外の一線級を相手に4着と健闘した。まともなアッサリがあってもおかしくはない馬だが、今回は帰国緒戦でおよそ半年振りに出走で仕上り具合が鍵に、今回に限っては他馬にも付け入る隙はありそうだ。
 後続に5馬身差、昨秋の菊花賞を圧倒的な強さで制覇したエピファネイア、オークス、秋華賞、そしてエリザベス女王杯とここまでGIで3勝を挙げている実力派牝馬メイショウマンボの2頭が逆転の有力候補として挙げられる。
 これらに続くのがGIタイトルに手は届いていないが、安田記念2着、宝塚記念3着などGI級の実力を秘めているショウナンマイティ。一昨年の同レースを制覇、昨年も2着に健闘と阪神2000Mはベストと言える、斤量56キロも有利に映るしここは狙って面白い存在になる。以上キズナを含めた4頭が主力を形成するが、甲乙つけ難くボックス馬券で攻めるのが無難か。
 一方の中山メインはマイル重賞のダービー卿チャレンジT。能力拮抗の組合わせで馬券妙味十分と言ったレース。中心に推すのは今回と同舞台のGI朝日杯FSで2着に健闘しているコディーノ。叩き2戦目、コース替わりのここは要注目の存在だ。
 中山マイルはベストの舞台と言えるレッドアリオン、一叩きで一変ムードのダイワファルコン、前走好内容勝ち、ここにきての地力強化が目立つマウントシャスタといったあたりが相手候補に挙げられる。近走案外も、NHKマイルC勝ちの素質はまだまだ見限れないカレンブラックヒルも軽視は禁物だろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ