本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 高松宮記念


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月29日

高松宮記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は、中京競馬場で春のスプリント王決定戦「高松宮記念」が行われる。昨年の同レースをレコード勝ち、国内外GIを6勝とスプリント界で圧倒的な存在だったロードカナロアが引退しスプリント路線は混沌としている。フルゲート18頭の内、黙って消しという馬いないし、確固なる存在となる馬もいない、今年の高松宮記念は非常に難解な一戦となった。
 一応の中心と見ているのは、ストレイトガール。抜群の手応えで直線に向かい、残り1ハロンで抜け出し後続に2馬身半差をつけた前走のシルクロードSが、まさに完勝と言える内容だった。目下2連勝中と勢い十分、中京1200Mで勝ち星を挙げているのも強調材料になる。この中間も絶好の動き、更なる良化を見せているここは勢いに乗ってGIタイトル奪取も十分。
 ハクサンムーンは昨年のスプリンターズSでロードカナロアの小差の2着に健闘と実績面では上位の存在。久々だったとはいえオーシャンS13着は負け過ぎの感はある。この中間はビシッと追われており前走みたいなことはなだろうがそう強くは推せない。
 前哨戦の阪急杯を4馬身差の逃げ切り勝ちと復活の狼煙を上げたコパノリチャード、前走のシルクロードSで連勝はストップしたが、4連勝で一気にオープンまで昇りつめたレディオブオペラ、2連勝で重賞制覇、ここにきて本格化ムードにあるスマートオリオン、久々の芝となったオーシャンSで2着と上々の走りを見せたスノードラゴン。
 他にも、安田記念勝ちの実績を持つリアルインパクト、久々の芝で一変が見込めるエーシントップと伏兵馬もズラリ。斤量減でマジンプロスパーも侮れない存在になる。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ