本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > スプリングS・阪神大賞典


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月22日

スプリングS・阪神大賞典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3日連続開催の最終日は、中山競馬場で皐月賞トライアル「スプリングS」、阪神競馬場で、天皇賞の前哨戦となる「阪神大賞典」が行われる。いずれも春のGI戦線に繋がる重要なレースで是が非でも見逃せない。
 まずは、中山メインのスプリングS。注目は何といってもアジアエクスプレスだろう。初芝となったGI「朝日杯FS」を最速の上がりをマークして差し切り勝ちの前走に非凡な素質が窺える。レース振りから1ハロンの距離延長は気にならないと言えるし、久々も走れる状態にはあるし当然有力視。
 ベルキャニオンは、前走の共同通信杯ではクラシックの有力候補に挙げられるイスラボニータに肉薄、3着馬以下には2馬身と決定的な差をつけた内容は高く評価できる。デビュー後パーフェクト連対と安定感抜群、順調に使われる強みは大きく逆転も十分だ。
 あとは、馬券圏内外さぬ安定感、引き続き好調キープのクラリティシチー、重賞の京王杯2歳S2着が光るクインズハリジャン、前走好内容勝ちのロサギガンティアが争覇圏内になる。

 一方の阪神メインは3000M長距離戦。ここまでGI4勝のゴールドシップが実績的に一枚抜けている。昨年の同レースを制覇と阪神3000M戦に不安はなし、有馬記念3着の前走に良化気配、この中間は坂路で最近では一番と言える動きを見せておりキッチリ結果を出して天皇賞へと駒を進める。
 昨年の菊花賞で2、3着のサトノノブレス、バンデが逆転候補。前者は重賞「日経新春杯」、後者は準オープンの「御堂筋S」と共に年明け緒戦を白星で飾っており順調度を生かして逆転を目論む。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ