本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月08日

弥生賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 本番の皐月賞と同じ中山2000Mで行わるトライアルレース。重賞勝ちがあるのは昨年暮れの「ラジオNIKKEI杯2歳S」を勝っているワンアンドオンリー1頭のみで例年に比べると小粒な印象は否めない。
 そのワンアンドオンリーは、初の関東輸送となった「東スポーツ杯2歳S」では6着に敗れているは相手が揃っていたこともあるが輸送が応えた節、ここは輸送克服なアッサリのシーンも十分あるが、信頼を置くべきにはいかないだろう。
トゥザワールドは、母がGI馬トゥザヴィクトリー、兄に重賞3勝馬と厩舎期待の良血馬。1番人気に推された新馬戦こそバンドワゴンのスピードに屈したが、その後は3連勝と期待通りの走りを続けている。ゴール前で抑える余裕を見せての完勝を決めた若駒Sが秀逸の内容。14キロ増の馬体には確かなる成長が窺えたしV最右翼といったこところだが、今回は関東圏への初輸送と不安面もある。
 同開催のオープン特別ホープフルSを上回る好時計で完勝した葉牡丹賞、重賞の京成杯でも連対を確保と中山2000Mに高い適正があるキングズオブザサン、 新馬勝ち直後で挑んだ重賞「京成杯」で3着に健闘、デビュー3戦目でまだまだ上積みも十分のアデイインザライフ、今回と同舞台のホープフルS勝ちのエアアンセム、京都2歳Sで強トーセンスターダムとクビ差の競馬、逃げて抜群の渋太さを発揮するアグネスドリームといったあたりにも十分チャンスはありそう。
3歳戦ということもあり、不鮮明な面があり中心が定めずらい感じのレース、ボックス馬券で攻めるのが無難だろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ