本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年02月15日

京都記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これで東京は4日連続で開催中止とJRA史上記録にない異例の事態だ。京都、小倉開催は通常通り開催される。
 さて、日曜日は京都競馬場で重賞「京都記念」が開催される。出走頭数は12頭と落ちついたが、なかなかの好メンバーが揃い注目度は高い。
 中でも注目はやはりジェンティルドンナだろう。ジャパンカップ連覇、牝馬クラシック3冠とここまでGI5勝と断然の実績を誇る。次走のドバイ遠征に向けての一叩きであることは間違いないが仕上がり具合に不安はなし、京都2200Mの舞台設定も問題なくキッチリ勝ってドバイ制覇へと弾みをつける。
 相手は、前走のマイルCSで待望のGIタイトルを奪取したトーセンラー。昨年の同レース制覇、距離を問わず京都コースで無類の強さを発揮する。斤量58キロ、渋馬場が気になるところだが、逆転も十分考えられる。
 以下、エリザベス情報杯で2着に健闘、勝ち馬デニムアンドルビーが次走のジャパンカップで前述ジェンティルドンナのハナ差2着に健闘していることを思えば同馬も通用の可能性は大きい。
 以下、トーセンラーを敗っての重賞「京都大賞典」勝ちが光るヒットザターゲットが次位に続く。
2勝2着1回と京都コースでパーファクト連対を誇るアンコイルド、久々もベストの舞台で展開如何ではチャンスはありそうだ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ