本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 東京新聞杯・きさらぎ賞


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年02月08日

東京新聞杯・きさらぎ賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 土曜日は降雪の影響で関東の東京開催が中止に、代替えは月曜日に行われるとのこと。雪は降りやまず明日の馬場状態はかなり悪く芝のレースは馬券を控えた方が良さそうだ。東京メインは芝1600Mの重賞「東京新聞杯」。抜けた馬不在、天候・馬場状態も手伝って混戦必至のレースで中心は置きづらい。
 3着に健闘した前走に復調気配が窺えたクラレント、マイルCSを3着に健闘、58キロも力は上位のダノンシャーク、前走で初重賞制覇とここにきての本格化急なエキストラエンド、秋3戦は案外も、まだまだ見限りは早計と言えるヴィルシーナ、マイル戦で大いに注目できるコディーノの5頭はいづれもチャンスはありそうだ。
 一方の京都メインは3歳重賞「きさらぎ賞」。春のクラシックに繋がる重要な一戦で是が非でも見逃せない。9頭立てと少頭数となったが、デビュー後無傷の2連勝を決めているトーセンスターダムとバンドワゴンの戦いは注目だ。
 出遅れる不利があるも、最速の上がりをマークしてゴール前で計ったように差し切った前走が着差以上に強い競馬だったトーセンスターダムを上と見ているが無論、バンゴワゴンの逆転の目も十分だろう。直線で後続を突き放す強さを見せて5馬身差の逃げ切りVを決めた前走は圧巻だった。
 逃げるバンドワゴン、差すトーセンスターダム、この2頭の対戦は非常に楽しみだ。他は少々能力差を感じるが、出遅れる不利を物ともせず、余力十分に差し切った前走の決め手が光るサトノルパンは展開如何では食い込みのシーンも考えられる。
少頭数で馬券的な妙味はないが、なかなかメンバーが顔揃えてレース自体は見応え十分といった感じだ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ