本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 中山金杯・京都金杯


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年01月04日

中山金杯・京都金杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 明けましておめでとうございます。本年もご愛読のほど、宜しくお願い申し上げます。
 さて、年初の重賞は東西の金杯。馬券勝負に平場も重賞も関係ないという考え方ではあるが、そうは言ってもやはり金杯は当てておきたいレースだ。
 まずは中山金杯。最軽量馬イケドラゴン48キロから最重量馬オーシャンブルー57.5キロまで上下差9.5キロとハンデ差は大きい。上位拮抗ムードで馬券妙味は十分といった感じだ。
 実績最上位は、一昨年の有馬記念で2着に健闘しているオーシャンブルーだが、それ以降馬券に絡んでおらず信頼度は落ちる。それならディサイファの方が面白い存在になる。福島記念は外々を回らされて4着に終わったが、内容は悪くなかった。今回は久々になるが勝ち負けは十分。
 復帰後連続2着と復調気配のユニバーサルバンクも怖い一頭。鞍上戸崎圭も好感触を掴んでいる様子。
 あとは、朝日杯チャレンジカップで5着と上々、斤量54キロなら勝負になるカルドブレッサ、休み明けを一叩きして、大きく上昇するサクラアルディート、断然の上がりで差し切ったラジオNIKKEI杯の末脚が脅威になるケイアイチョウサンあたりが争覇圏内となる。
 一方の京都金杯は、ハンデ差4キロと上下差は少ない。狙いの中心はオースミナイン。直線で際立つ伸び脚を見せて突き抜けた前走のゴールデンホイップTが強い競馬。ここにきての地力強化が目立ち重賞でも楽しみな一頭。京都1600Mと舞台も悪くない。相手は、3歳時に共同通信杯勝ち、久々の前走でも3着と上々の走りを見せたメイケイベガスター。以下、休養前の2連勝が光るプリムラブルガリス、富士S3着のシャイニープリンス、トップハンデ58キロも、力はあるマイネルラクリマと続く。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ