本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月21日

有馬記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 いよいよ今年最後のGIレースグランプリ有馬記念が中山競馬で行われる。今年は3日間の連続開催で中央競馬開催は明日まである。
 クラシック3冠、一昨年の同レースと宝塚記念とGI5勝、凱旋門賞でも2年連続の2着に健闘している現役最強馬オルフェーヴル。ここが引退戦となっているが仕上がりに不安なし、最強牝馬ジェンティルドンナ不出走なら正直負けられないところだろう。皐月賞、有馬記念を制覇と中山コースにも不安はないし、堅実と見て良さそうだ。馬券の焦点は2、3着争い。
 同じくGI5勝を挙げてるゴールドシップが実績的には対抗格だが、秋2戦の競馬がふがいない結果、ベストの中山コースに変わって前進はあるものの配当的魅力はないだけに軽視したいところ。とはいえ、他も混戦、久々の前走で3着と上々の走り、GI勝ちこそないが常に上位争いしているように実力は確かなウインバリアシオン、今春の重賞ダイヤモンドSを制覇、天皇賞・春、前走のジャパンカップで4着とGIでも好走しているアドマイヤラクティ、一昨年の天皇賞秋をレコード勝ちしてから低迷を続けていたが、3着に健闘した前走のジャパンカップの走りに復調気配が窺えたトーセンジョーダン、叩き3戦目、ベストの中山コースで一変が見込めるナカヤマナイトあたりまでが争覇圏内となる。
 前走の金鯱賞で初重賞制覇を決めたカレンミロティック、一昨年の同レースで3着に健闘しているトゥザグローリーといったあたりも侮れない面がある。
 オルフェーヴルが相当な人気を被ることは間違いなく、多点買いでは妙味はなく、馬券をどこまで絞ってとるかの勝負だろう。今年最後のGIレース、是が非でも的中させ、有終の美を飾りたいところだ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ