本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 日曜編 > 朝日杯FS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 日曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月14日

朝日杯FS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 おむすび形の中山芝1600mというコースは内枠有利が有名だが、その傾向が顕著に表れているのがこの朝日杯フューチュリティSだ。昨年の同レースこそ7枠14番のロゴダイブが勝利をおさめたが、8枠からの勝ち馬となると1986年の勝ち馬メリーナイスまで遡らなければならほど、枠順も重要なファクターとなってくる。
 今年は地方馬プレイアンドリアル、ベルカント、グリサージュと2頭の牝馬も参戦とバラエティーに富んだメンバー構成となった。キャリアの浅い2歳戦、いずれの馬を軸にしても確固なら信頼はおきづらいのは事実だ。
 一応の中心と見ているのは地方馬プレイアンドリアル。初の中央参戦となった東スポ杯2歳Sではレコード決着の2着に敗れたが、直線で一旦は先頭のシーンと見せ場十分だった。レース振りから中山へのコース替わりも1600Mへの距離短縮もプラスに映る。川崎へ転厩して輸送時間も短かくなったのも好材料でGIのここも見せ場以上を十分期待できる。
 前走が7馬身差の完勝、芝は未知数でもアジアエクスプレスも怖い一頭だ。坂路で絶好の動きを披露して万全の仕上がり、マイルの距離も悪くないしここは一発の可能性を秘めている。
 以下、アトム。同じくレコード決着となったデイリー杯2歳Sでクビ差の2着に健闘、重心が低い走りは迫力満点、決め手の鋭さは群を抜いており展開如何ではアッサリのシーンも。
 以下、ファンタジーSを逃げて完勝、牡馬相手も能力通用のベルカント、久々の前走が3馬身差の逃げ切り勝ち、一叩きで更なる力を発揮するウインフルブルームといったあたりが争覇圏内になると見えている。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ