本文へジャンプします。





コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年06月06日

鳴尾記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 春のGIシリーズもあと、今週の安田記念と宝塚記念を残すのみ、来週からは函館開催がスタート、クラス編成も行われ夏競馬が近づいてきたといった感じだ。
 さて、土曜日は阪神競馬で、重賞「鳴尾記念」が行われる。頭数は12頭と落ちついたが、一長一短のある組合わせで狙いは絞りづらい。
 実績的には一昨年の天皇賞・秋を制覇、昨年のジャパンカップでも3着に健闘しているトーセンジョーダンが抜けているが、今回はおよそ半年振りの出走、完調手前で実績を鵜呑みにはできない。
 トゥザグローリーもGIで好走歴があるが、年明け2戦がふがいない内容、暑さに弱い面がありここは評価を下げたい。
 狙いは他馬ということになる。前走は4着に敗れるも、積極的にハナを奪っていってレース振りに復調気配が窺えたカレンミロティック。叩き3戦目、同型不在で単騎逃げが見込めるここは開幕週の絶好馬場を利して逃げ切りのシーンも十分考えられる。エアソミュールは使い減りする馬で休養明けこそが狙い目の馬。攻めの動き絶好で妙味は十分といった感じだ。
 他では、年明けの重賞「アメリカジョッキークラブC」で強力メンバーを相手に連対を確保しているサクラアルディート、前走の大阪杯2着が光るトウカイパラダイス、一叩きで一変ムードのアドマイヤタイシといったあたりも差は僅かといったところ。
 展開如何ではどの馬にもチャンスありといった感じのレースであり馬券勝負にはいきづらい。

尚、的中率、回収率を徹底的に重視したメールマガジン「高橋研の馬券哲学 特別版」が、「新おとなの遊び場」で今月からスタートです。(初月無料、パソコン・スマホ対応)

【新おとなの学び場 「高橋研の馬券哲学 特別版」】
http://otomana.nifty.com/authors/takahashiken/

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ