本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > 日経賞・毎日杯


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月28日

日経賞・毎日杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日曜日は中京競馬でGI高松宮記念が開催される非常に豪華なメンバーが揃って非常に楽しみな一戦だ。土曜日は中山競馬場で天皇賞へ向けての一戦「日経賞」、阪神競馬では「毎日杯」と重賞2レースが行われる。
 まずは、日経賞。昨年の同レースを制し、続く天皇賞・春でGI制覇を決めたフェノーメノが実績的には一枚上だが、今回は宝塚記念以来の競馬となる。気のいい馬で仕上がり早とはいえ、さすがにピークの仕上がりとはいかないだろう。ならば、中心となるのは、GIタイトル獲得までは届いていないが、ダービー、菊花賞、有馬記念とGIで3度の連対を果たしているウインバリアシオンとなる。
 前走の有馬記念ではオルフェーブルには水を開けられた格好だが、先週の阪神大賞典を楽勝したゴールドシップに先着しての2着は十分な評価ができ、完全に立ち直ったと見て良いだろう。時計のかかる中山の馬場も苦にしなしここは注目。
 これに続くのが、ラストインパクト。休養後2連勝で初重賞制覇と本格化を迎えた印象。2500Mへの距離延長はまったく問題ないし、如何せ今回は展開が楽に映る。先行利生かして逆転の可能性も十分だ。
 以下、香港遠征帰りも仕上がりに不安はないアスカクリチャン、年明けの日経新春杯で2着に健闘しているアドマイヤフライト、一昨年の有馬記念を制覇、前走の金杯快勝で復活の狼煙を上げたオーシャンブルーといったあたりが争覇圏内となる。
 一方の阪神メイン「毎日杯」は、昨年暮れの重賞「ラジオNIKKEI杯」で連対を確保しているアズマシャトルが実績的に一枚リードといった感じだが、上がり3ハロン34秒1の末脚で差し切った前走が優秀なバトルウィールの未知の魅力に賭ける手もありそうだ。あとはラングレー、マイネルフロスト、リーゼントロックといったあたりに注意が必要だろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ