本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > ファルコンS・若葉S


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年03月21日

ファルコンS・若葉S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3日連続開催の2日目となる土曜日は阪神・中京開催。中京競馬場では3歳の短距離重賞「ファルコンS」が組まれている。
 実績的には暮れにGI「朝日杯FS」で見せ場十分の2着に健闘しているショウナンアチーブが一歩リードといった感じだが、今回は休み明けに加えて、斤量も他馬より重い57キロで絶対と言った感はなく他馬の逆転も十分。
  上がり33秒ジャストをマークと前走の決め手が光るサトノルパン、デビュー後2連勝で重賞を制覇しているタラダレジェンド、アーリントンCで強敵ミッキーアイルの2着に健闘、順調に使われているのは大きな強みになるカガノグランパ、距離短縮で一変が見込めるタガノブルクといったあたりもチャンス十分。ここは配当的妙味も踏まえてボックス馬券で勝負を推奨したい。

 阪神競馬では皐月賞トライアル「若葉S」が行われる。重賞ウイナー不在、混戦必至のメンバー構成。 直線で前をカットされる不利があるも、渋太く伸びて差し切った前走が着差以上に強い競馬、一戦ごとに地力を強化とOPでも楽しみあるサウンズオブアース、前走が着差以上に余裕のある勝ちっぷり。デビュー以来3着以下なしの安定感は実に魅力的と言えるアドマイヤデウスの2頭に注目している。
 年明けの重賞「アーリントンC」でミッキーアイルに半馬身差まで詰め寄っているウインフルブルームは実力的には一歩リードの存在も、掛かる気性で2000Mへの距離延長に不安を残すだけに、消えてもおかしくはない。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ