本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > ニューイヤーS・雅S


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2014年01月17日

ニューイヤーS・雅S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中山、京都開催に加えて、今週から中京開催がはじまり3場開催となる。土曜日は東西ともに重賞レースは組まれておらず、中山メインがマイルのオープン特別「ニューイヤーS」、京都メインがダート1900Mの準オープン「雅S」となっている。
 まずは、中山メインのニューイヤーS。ご承知の通り、中山1600Mは外枠不利のコースレイアウトとなっている。
 3歳時にGIのNHKマイル4着、前走のリゲルSで連対を果たしたレッドアリオンの能力上位は間違いないが、出遅れ癖があり過信は禁物、人気面を考慮すれば別馬から入った方が良さそうだ。
 狙いの中心はコスモソーンパーク。前走は前述レッドアリオンに遅れはとったものの、好位追走から渋太く伸びて3着健闘の走りには良化気配が窺えた。荒れた中山の馬場、内めの絶好枠を引いたここはチャンス十分といった感じだ。これに続くのがレオアクティブだ。前走は4角で外に大きく膨らむシーン、距離も1200Mと短く結果は度外視できる。今回と同舞台の中山1600Mの重賞「京成杯AH」勝ち、攻め気配に調子落ちはなく適条件で反撃必至だ。
 以下、久々も好仕上がりを見せるセイルラージ、連対確保の前走が好内容だったキングレオポルド、久々も重賞2着の素質は侮れないカオスモス、距離短縮で一変が見込めるゴットフリートといったあたりが争覇圏内になる。
 一方の京都メイン雅Sは傑出馬不在で混戦ムード。一応の中心はヴォグトルネード。最速の上がりで差し切った前走が着差以上に強い競馬だった。準オープン昇級でも決め手は一枚上、鉄砲利く気性で久々も問題なし。前走5着も、最後まで止まっておらず内容は悪くなかったキングヒーローが叩き2戦目で怖い存在に。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ