本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > 阪神C・フェアウルS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月22日

阪神C・フェアウルS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3日連続開催の最終日、阪神競馬場で今年最後の重賞「阪神カップ」が行われる。1400M戦でが、ここはGIマイルCS組を中心と見て良いだろう。
 まずは出走馬中先着となる2着に健闘しているダイワマッジョーレ。正攻法の競馬、直線で前が狭まり立て直すロスがあってのものでかなりの評価をして良いだろう。今春の重賞「京王杯SC」を制覇と1ハロンの距離短縮に不安はなし、引き続き攻め気配良好で最注目だ。
 これに続くのが4着のコパノリチャード。マイペースで逃げれたとはいえ、ゴール寸前まで粘っての4着は十分立派。前々走のスワンSでは前述ダイワマッジョーレを完封、距離が1ハロン短縮され逆転も十分可能だろう。7着のサダムパテックは直線で盛り返す脚を見せており悪くない競馬だった。昨年のマイルCS勝ちの実力はまだまだ見限り早計、叩き3戦目で一変警戒だ。10着のリアルインパクトは好位追走のレース振りは悪くなかった。攻め気配に調子落ちはないし、善戦以上があってもおかしくはない。
 他路線組では、スプリンターズS4着、スワンS5着と復帰後2戦は勝ち切れていないが、それでも掲示版を外さぬ安定感は魅力。阪神1400Mは重賞(阪急杯)がある舞台だけに要注意だ。
 一方の中山メインはオープンのハンデ戦「フェアウルS」。トップハンデを背負うのはナムラタイタンで58キロ、最軽馬は牝馬のワイルドフラッパーとサトノタイガーで53キロとなっている。
 直線で差し返す渋太さを見せて2連勝を決めた前走が着差以上に強い競馬だったドコフクカゼ、逃げて最速の上がりをマークして5馬身差の前走が圧巻だったワイルドフラッパーの昇級馬2頭を積極的に狙っていきたい。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ