本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > ラジオNIKKEI杯2歳S


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月20日

ラジオNIKKEI杯2歳S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いよいよ2013年もいよいよラストウィークを迎える。最終週は中山・阪神の2場で3日間の連続開催。
 初日の土曜日は阪神競馬場で例年クラシックに繋がる重要な重賞「ラジオNIKKEI杯2歳S」が行われる。フルゲート16頭、まだキャリアの浅い2歳馬の一戦で未知なる部分も多く、適正、能力比較が難しく難解な一戦だ。
 中心には厩舎の期待も大きいサトノアラジンを推す。前走の東京スポーツ杯2歳Sは久々でレコード決着と厳しい戦い、外々を回る距離損も響き5着に終わったが、内容的には決して悲観することはない。3馬身半差完勝のデビュー戦が示すように秘める素質は相当だ。攻めで絶好の動きを披露して好仕上がりをアピール、一叩きで本領発揮ならアッサリのシーンも。
 2000M戦のデビュー戦を逃げ切り勝ち、同型少なく単騎逃げ見込めるここは残り目怖いセセリ、ゴール前で差し返す渋太さを見せて連対確保、レース振りから距離延びて良さが出そうなアズマシャトルの2頭が逆転候補か。
 以下、後続に3馬身差の前走が強い競馬、一戦ごとに地力を強化するシンガン、前走好内容勝ち、デビュー3戦目で更に上昇ムードのミヤビジャスパー、2000M戦のデビュー戦を勝ち上がってきたモンドシャルナ、出遅れる不利があるも最速の上がりをマークして後続に3馬身差とデビュー戦の決め手が光るヒップレボルシオンといったあたりが争覇圏内になる。
 ただキャリアの浅い2歳戦、他にも注意する馬は多くここは軸を決めて、手広く流しての馬券勝負がいいだろう。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ