本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > 朝日チャレンジカップ・北総S


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年12月06日

朝日チャレンジカップ・北総S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜日の阪神メインはハンデ重賞の朝日チャレンジカップ。トップハンデを背負うのはマイネルラクリマ、フェデラリストの2頭で斤量は58キロ、最軽量馬は54キロでハンデ差は4キロとそう気にする必要はなさそうだ。
 ハンデ差は僅かとはいえ、裏を返せばそれだけ能力が拮抗している組合わせとも言える。一長一短ある組み合わせで中心は実に絞りづらい。
 一応の中心は、最後は僅かに及ばずも、直線で一旦は先頭のシーンと久々の前走で見せ場を作ったマイネルラクリマ。一線級不在のG3戦ならまず崩れない安定感あるレース振り、一叩きの上積みも大きくトップハンデでもの感はある。ただ決して抜けているとはいえず他馬の逆転の目も十分考えられる。
 久々の前走が2馬身差の完勝劇、一息入れて本調子を取り戻したラウンドワールド、前有利の流れを差し切った前走が強い競馬、休養を挟んで3連勝と本格化ムードのアルキメデス、不利あった前走は度外視、距離短縮で大きく見直せるタマモベストプレイといったあたりもチャンスは十分だ。同型不在で単騎逃げが見込めるミキノバンジョーも穴として狙いたい存在だ。
一方の中山メインはダート1800Mの準オープン北総ステークス。斤量差5.5キロのハンデ戦で波乱含みの一戦。過去に現級勝ちの実力馬ユーロビートに注目。前走は4着に敗れるも好位追走のレース振りは悪くなかった。叩き3戦目で更に上昇ムードのここはアッサリのシーンも。穴として狙いたいにはサクラブライアンス。前走は8着に敗れてはいるがレース振りは悪くなかった。一戦ごとに良化ムード、ハンデ差生かせれば一発の可能性は秘めている。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ