本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > 東京スポーツ杯2歳S


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2013年11月15日

東京スポーツ杯2歳S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 土曜日の東京メインは芝1800Mの2歳重賞「東京スポーツ杯2歳S」、暮れの「朝日杯FS」へ向けて見逃せない戦だ。
 3勝馬はおらず、2勝馬はイスラボニータ、ウインマーレライ、プレイアンドリアルと3頭、道営のプレイアンドリアルを除くと2頭という組み合わせ。それでも、実質的には好素質馬が顔揃えており、非常に楽しみな一戦となった。
 その中でも最注目となるのが、サトノアラジンだ。4角で前を射程圏内に入れて、直線はほぼ追うところなく後続に4馬身差をつけたデビュー戦が圧巻の走りだった。クラシックを意識できる逸材で先々が非常に楽しみな馬。久々も入念に乗り込まれて仕上がりに不安はなし、重賞で相手は強化するが十分勝ち負けになる。
 道中遊び遊びの走り、直線で追い出しを待たされるロスがあるも難なく差し切ったデビュー戦が着差以上に強かったラングレーが相手筆頭。2000Mと長い距離を経験しているのも大きな強みでここも注目。
 以下、好メンバーが揃った新潟2歳S2着、今回と同舞台の東京1800Mで500万勝ちを決めているイスラボニータ、4角大外、最速の上がり33秒7をマークして差し切った前走の決め手が光るウインマーレライ、久々を一叩きして、一変ムードのリターンラルクと続く。
穴っぽいところでは、久々、出遅れる不利があった前走は度外視、デビュー戦の走りから能力発揮なら十分通用の可能性を残すクラリティシチーを挙げておく。
 キャリアの浅い2歳戦で不鮮明な部分はあるが、それでもサトノアラジンには大きな魅力を感じる。ここは同馬に軸を決めての馬券勝負だ。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ