本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > ユニコーンS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2011年06月03日

ユニコーンS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JRAで行われる最初の3歳馬限定ダート重賞。地方の交流重賞を戦ってきた馬、芝を使われていた馬など臨戦過程はさまざまで難解な一戦となった。
 注目しているのはダートのオープン特別「いぶき賞」組。ここで勝利を治めたのはグレープブランデー。同馬は芝も含めてデビュー以来6戦6連対(3勝2着3回)と底を見せていない面があり重賞でも楽しみな逸材だ。安定感と言ったところで前者に多少見劣るが、クビ差まで迫ったボレアスも能力的な差は感じられない。0.2秒差の4着コルポディヴェントも2戦2勝の関東圏内の競馬に替われば逆転の目も含んでいるだけにどの馬を中心に添えるかには多少頭を悩ませるところがある。
 初ダートとなった交流重賞「園田チャンピオンシップ」を6馬身差で逃げ切ったエーシンブラン、ダートで負け知らずのアイアムアクトレス(3戦3勝)、オメガスカイツリー(2戦2勝)、全日本2歳優駿勝ちのビッグロマンスもダートに替われば侮れない一頭だし伏兵は多数。さらにここが初ダートとなる馬が2頭(アストロロジー、アドマイヤサガス)、ダート適性は走法や血統などからある程度推察できるとはいえ、やはり初めての場合、どちらに転ぶかは実際にやってみなければ分からないというのが本当のところ、スタート地点が芝となる府中のダート1600M戦ということもあり、ノーマークにするのは危険である。
 以上に挙げた馬以外でも気になる馬数頭おり、正直、このレースに関してはやって見ないと分からないといった感じであまり馬券を買う気にはなれないレースではある。買い目がかさばる3連単、3連複ではとても勝負できないレースで、馬連・馬単といったところで手広く流して、薄め抜けを狙うのが得策だではなかろうか。軍資金は明日のG1安田記念のために温存しておきたい。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ