本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬券哲学的メインレース考察 土曜編 > 京都新聞杯・プリンシパルS


コラム

高橋 研
高橋 研

馬券哲学的メインレース考察 土曜編

プロフィール・関連コンテンツ


2011年05月06日

京都新聞杯・プリンシパルS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 皐月賞馬オルフェーヴル、桜花賞馬マルセリーナの2頭を負かした前々走のシンザン記念が示すとおり、世代トップクラスの実力を秘めていることは間違いないレッドデイヴィス。2200Mへの距離延長は若干気になるところだが、スムーズに折り合っていた毎日杯のレース振りを見る限り心配は杞憂か。1勝馬もオープンで2度の連対と重賞のここでも素質は一歩もヒケを取らないユニバーサルバンク、道悪でノメるシーンも、渋太く伸びて連勝を決めたクレスコグランド、鋭い末脚で差し切りV、新馬勝ち直後も決め手は侮れないテンベルといったあたりにも十分チャンスはある。

プリンシパルSは1着馬のみに優先出走権、ダービー出走へ向けてのラストチャンス激しいレースになることは間違いない。前走の青葉賞は3着と出走権獲得に一歩及ばなかったトーセンレーヴ。一番の敗因は位置取りが後方すぎたことだろう。直線でも前が壁になり追いづらいシーンがあったし前走は決して力を出し切ったとはいえない。新馬、500万特別と連勝しているように素質は相当でここは多いに注目できる。逃げ、差し自在で展開不問のディープサウンド、皐月賞組のカフナ、ステラロッサ、京都コースでパーフェクト連対を誇るダノンシャークといったところも侮れない。

@niftyオススメコンテンツ

高橋研の馬券哲学

高橋研の馬券哲学

能力指数レイティングの伝説の男、高橋研が「重賞レース予想」「勝負レース予想」「鉄板の軸馬」と渾身の予想を展開。ギャンブル日記も必見です。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ