本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 実況アナの本命馬ランキング > 力の入ったラジオNIKKEI賞! 渡辺アナズバリ、佐藤アナしぶとく的中、小塚アナも小当たり!


コラム

ラジオNIKKEI アナウンサー
ラジオNIKKEI アナウンサー

実況アナの本命馬ランキング

プロフィール・関連コンテンツ


2014年07月10日

力の入ったラジオNIKKEI賞! 渡辺アナズバリ、佐藤アナしぶとく的中、小塚アナも小当たり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台風8号が脅威をもたらしています。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

この時期の中央競馬は4大場以外での開催となります。ですから我々実況アナウンサーも金曜日には三々五々、実況を担当する競馬場まで出張するわけです。そんなときに台風が来られたらたまりません。特に函館や札幌、小倉など飛行機を利用しての出張は気を揉みます。競馬場に辿りつけずに「実況アナウンサーがいない!」なんてことになったら目も当てられません。

私も過去に、小倉競馬場への出張で北九州空港に着陸する航空便を予約していて欠航になったことがありました。北九州空港は海上空港で風の影響を受けやすいのですが、当時まだできたばかりだったのでそこまでわからなかったんですね。住宅地の中にある福岡空港は普通に発着していたのですが…。金曜夕方の東海道新幹線に飛び乗り、揺られること5時間。なんとか夜中に小倉入りできましたが、仕事する前からぐったり疲れちゃいましたよ。

今週末は福島、中京、函館の3場開催。台風の進路によっては開催に影響があるかもしれません。福島と函館では、弊社ラジオNIKKEIの60周年記念トークショーを開催する予定なので、なんとか無事に開催が行われて欲しいところです。


【5日(土)福島:テレビユー福島賞】

初の芝1200m戦に起用された7番人気(7)メイショウスザンナ、やや出遅れながらも巧く立ち回ってゴール寸前で差し切り。OPからの降級2戦目だった(5)マイネルエテルネルが2着、3着は人気薄14番人気の(13)メイショウハガクレが食い込んで高配当でした。

米田アナが◎マイネルエテルネルからのワイド流しを推奨も、両メイショウが無印で残念ながら的中ならず。穴男・舩山アナは15番人気の(1)ジャベリンを本命にしていましたがアタマ差4着。悔しがってましたね〜。開幕日から、福島競馬らしい難解なレースが続いて馬券も実況も大変でした。


【6日(日)中京:CBC賞】

牝馬が上位人気を占めたこのレース、勝ったのは4番人気(11)トーホウアマポーラ。初重賞勝利を飾った高橋亮調教師と、手綱を取った福永祐一騎手は同じ1996年騎手デビュー。同期の桜が綺麗な花を咲かせました。ちなみにこの日の最終レースもサトノデプロマットが勝利して、和田竜二騎手・高橋亮調教師の同期コンビでの勝利でした。実力馬(8)エピセアローム2着、3着は10番人気(16)ニンジャでした。

ここは木和田アナが惜しかった! ◎エピセアローム1着の馬単を推奨。トーホウアマポーラはヌケだったものの、3着ニンジャから6着ワキノブレイブまでは全て買い目に入っているという惜しさでした。


【6日(日)福島:ラジオNIKKEI賞】

我々の社名が冠されたレースということで、アナウンサー全員での予想となったラジオNIKKEI賞。レースは好位の内でじっくり運んだ(9)ウインマーレライが直線も内から鮮やかに抜け出して勝利。ウインマーレライ自身、そしてマツリダゴッホ産駒としての初重賞制覇となりました。北海道シリーズからスポット参戦の松岡正海騎手、見事な手綱捌き! 1番人気(4)クラリティシチーは2着、3着に7番人気(3)ウインフェニックスでした。

このレースを渡辺アナがズバッと的中! 「福島芝で勝ちのあるウインマーレライとウインフェニックスを上位に。ブラジルといえばカーニバル、つまり祭りでマツリダゴッホ産駒」と、お馴染みのサインも交えて◎ウインマーレライ。これが当たっちゃうんだから、サインも馬鹿にできません。両ウインを2頭軸とした3連複で、(3)-(4)-(9) 6,020円をズバリ仕留めました! ちなみに渡辺アナは翌7日月曜のばんえい競馬で「渡辺和昭勤続30周年記念」という協賛レースを企画していました。自分自身で前祝いというところでしょうか。おめでとうございま〜す!

佐藤アナもしぶとく的中。というのも、予想的には◎ピオネロからの馬連を推奨していたのですが、○クラリティシチー▲ウインマーレライで○-▲の縦目も押さえていたのでした。馬連(4)-(9)は1,820円。追い込まれながらも巧みにセンター前にヒットを放ったような、ベテランの技を見せてくれました。

小塚アナは◎ウインフェニックスで、単勝複勝と1頭軸流しの3連複を推奨。しかしウインマーレライが買い目になかったのです…。5月から6月にかけて猛威を振るった小塚アナの中穴◎ですが、月が替わって勢いが衰えたか?
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 アナウンサーの本命馬リーディング
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  1 中野雷太 (19.12. 7.32)
  2 山本直  (14.16. 5.32)
  3 小林雅巳 (14. 9. 7.39)
  4 渡辺和昭 (12.13. 5.40)↑
  5 木和田篤 (12.11. 7.40)↓
  6 檜川彰人 (12. 5. 5.48)↓
  7 佐藤泉  (11. 8. 4.45)
  8 大関隼  (10.12. 8.40)
  9 米田元気 (10. 8. 9.43)
 10 小塚歩  ( 6.12. 8.44)
 11 舩山陽司 ( 2. 6. 5.56)
※カッコ内は◎の着順。左から1着、2着、3着、4着以下の回数

ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガでは「月イチ版」も発行しています。このメルマガの言わば“お試し版”。月額324円で毎月1回だけ、1日分を配信します。継続購読いただきますと、初月が無料となります。

さて冒頭に記した通り、今週末は12日土曜に福島で、13日日曜に函館でラジオNIKKEI60周年記念トークショーを開催します。福島は今年3月に引退された松山康久元調教師と、白川次郎さんが登場。函館は池江泰郎元調教師と原良馬さんのトークショーです。また福島競馬場では12・13の両日、ラジオNIKKEIブースがオープンします。お天気が心配ですが、祈りましょう! 皆さんのお越しを競馬場でお待ちしています。

(文責:メルマガ担当アナK)

@niftyオススメコンテンツ

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

アナウンサーそれぞれの個性あふれる競馬予想はもちろん、トレセンレポートや悲喜こもごもの競馬実況ライフをお届け! 毎週、木、金、土曜の3回発行のメールマガジンです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ