本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 実況アナの本命馬ランキング > “黄金の馬”のレースで黄金の予想!? 中野アナがアハルテケSで3連単ビシッと的中!!


コラム

ラジオNIKKEI アナウンサー
ラジオNIKKEI アナウンサー

実況アナの本命馬ランキング

プロフィール・関連コンテンツ


2014年06月19日

“黄金の馬”のレースで黄金の予想!? 中野アナがアハルテケSで3連単ビシッと的中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開幕週の函館競馬場は大変寒うございました。風邪引くかと思いました。ええ、財布の中も。

そんな函館競馬場がこの夏、熱く盛り上がりそうなのです。

開催最終週の7月19日(土)、グラスワンダーとスペシャルウィークの2頭が函館競馬場にてお披露目されることになりました。競馬場内には2頭の雄姿がデザインされたポスターがあちこちに貼られ、『両雄再会』の惹句が踊ります。

いやはや。なんとも胸熱なイベントではございませんか!!

1999年。前年のダービー馬にして春の天皇賞を圧勝したスペシャルウィークを、グラスワンダーは宝塚記念で子供扱い。初対決はグラスワンダーの完勝でした。秋を迎え、秋の天皇賞とジャパンカップを快勝したスペシャルウィークに対して、順調さを欠いたグラスワンダー。この2頭が暮れの有馬記念で再び激突!

後方を進んだグラスワンダー。それをマークするように追走するスペシャルウィーク。4コーナーで動いたグラスワンダー。目標はただ一頭と迫るスペシャルウィーク。内で食い下がる上がり馬ツルマルツヨシも、猛然と追い込む3歳馬テイエムオペラオーも視界には入らない。両雄が全く並んでゴールを駆け抜けたのでありました。ゴールの瞬間、スペシャルウィークの武豊騎手は勝利を確信したようですが、写真判定の結果はハナ差でグラスワンダーの勝利。

このレース、大学生だったワタクシは中山競馬場のゴール前にいました。世紀のライバル決戦を肉眼で見ていました。燃えました。過去の名勝負はテキストの中だけでしか知りません。新たな名勝負を目の当たりにすることができた感動に、決して大げさではなく、震えました。

その2頭が、15年の時を越えて再会する。こんなに胸躍るイベントは久しぶりです。実はこの7月19日も、嬉しいことにワタシ函館出張なのです。夏の楽しみがまたひとつ増えました。皆さんも連休や夏休みを利用して、ぜひ函館競馬場にいらしてください!

それでは先週のレースを振り返ります。


【14日(土)東京:アハルテケステークス】

満を持して抜け出した1番人気(10)ベストウォーリアを、ジワジワと追い詰めた(4)エアハリファ。最後はこの2頭のマッチレースとなり、僅かにエアハリファが競り合いを制しました。エア57キロ、ベスト57.5キロという微妙なハンデ差もあったでしょうか? 3着はこの条件得意の(5)アドマイヤロイヤル。

実況担当の中野アナが3連単をズバリ的中! ◎エアハリファ○ベストウォーリア△アドマイヤロイヤルで3連単(4)→(10)→(5)4,570円を、なんと2点予想で的中させました! 鋭い分析には今後もご注目を。ちなみにレース前のアハルテケとは馬の種類のひとつで、東京競馬場の最寄り駅である府中競馬正門前駅(京王線)の改札横には黄金に光り輝くアハルテケ像が建っています。中野アナの予想に乗った人の頭上には、きっと黄金が降り注いだことでしょう。


【15日(日)東京:エプソムカップ】

この1年でぐっと力をつけた(1)ディサイファが3度目の重賞挑戦で初タイトル獲得! 2着は香港遠征帰りの(5)マイネルラクリマ。3着は古豪ダークシャドウが59キロを背負いながらもよく伸びました。上位3頭は関東馬。初重賞制覇が期待された1番人気(13)マジェスティハーツは、最後方から追い込んだものの6着。

予想コラムを担当した鬼才・佐藤アナと穴男・舩山アナはともに◎シルクアーネストで撃沈。米田アナ◎カルドブレッサで不発。小塚アナは◎ダノンヨーヨーで5着と煮え切らず。コラム担当アナ以外では、小林アナが◎マイネルラクリマでした。


【15日(日)阪神:マーメイドステークス】

出走14頭のうちオープン馬は2頭だけ。軽ハンデの馬が大挙出走して今年も難解極めたこのレース…のはずが、終わってみれば1番人気(15)ディアデラマドレが勝利。母ディアデラノビアの良血馬です。2着にはやはり今年も軽ハンデ、50キロの(14)コスモバルバラがブービー13番人気ながら食い込みました。2番人気(9)フーラブライド3着。

小林アナが惜しかった! ◎アイスフォーリスは3着フーラブライドからクビ差の4着。1頭軸3連複でディアデラマドレもコスモバルバラも買い目に入れていたので、もしこの3着4着が入れ替わっていたら的中、300倍を超えていたのですが…。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 アナウンサーの本命馬リーディング
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  1 中野雷太 (19.10. 7.26)
  2 小林雅巳 (14. 9. 7.31)
  3 山本直  (13.15. 5.26)
  4 木和田篤 (11. 9. 7.35)
  5 佐藤泉  (11. 8. 4.37)
  6 檜川彰人 (11. 5. 5.41)
  7 渡辺和昭 (10.12. 5.35)
  8 大関隼  (10.11. 8.33)
  9 米田元気 (10. 6. 8.38)
 10 小塚歩  ( 4.12. 7.39)
 11 舩山陽司 ( 2. 6. 5.48)
※カッコ内は◎の着順。左から1着、2着、3着、4着以下の回数

ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガでは「月イチ版」も発行しています。このメルマガの言わば“お試し版”。月額324円で毎月1回だけ、1日分を配信します。継続購読いただきますと、初月が無料となります。詳しくはラジオNIKKEI 競馬実況web http://keiba.radionikkei.jp/ をご覧ください。

難解な夏競馬。3歳馬と古馬の力関係も微妙ですし、梅雨時は馬場状態を読むのも一苦労。だからこそこの時期は、的中したときの喜びが大きいのですよね。馬券が外れても、2歳馬たちのフレッシュさに心洗われたり。今週も、実況アナ陣の予想にご注目ください!

@niftyオススメコンテンツ

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

アナウンサーそれぞれの個性あふれる競馬予想はもちろん、トレセンレポートや悲喜こもごもの競馬実況ライフをお届け! 毎週、木、金、土曜の3回発行のメールマガジンです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ