本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 実況アナの本命馬ランキング > 日本ダービー、佐藤アナと米田アナが本線的中! 檜川アナもズバリ! 小塚アナも2週連続!


コラム

ラジオNIKKEI アナウンサー
ラジオNIKKEI アナウンサー

実況アナの本命馬ランキング

プロフィール・関連コンテンツ


2014年06月05日

日本ダービー、佐藤アナと米田アナが本線的中! 檜川アナもズバリ! 小塚アナも2週連続!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは! メルマガ担当アナKです。

先週の日本ダービーは感動的でした。ダービー制覇に執念を燃やす橋口弘次郎調教師が悲願の初制覇を果たしたのです。再来年に定年を迎える橋口師、ワンアンドオンリーがダービー20頭目の挑戦でした。かつて自身が手がけたハーツクライの産駒でのダービー制覇、馬券とは別のところで、熱くなるものがありましたね。

ワンアンドオンリーに関しては「2月23日」がキーワードとなりました。馬自身の誕生日が2月23日で、前田幸治オーナー、騎乗した横山典弘騎手が同じ誕生日。そして、この日7年ぶりに競馬観戦された皇太子さまも同じ2月23日のお生まれなのです。

さらにさらに。ダービー前の26日、新宿で行われたトークショーに武豊騎手と出演した俳優の北大路欣也さん。この方の誕生日も、なんと2月23日なのでした。なんたる偶然!

ここまでくると、ワンアンドオンリーはその馬名意味(「唯一無二の」)も含め、勝つべくして勝ったのだと思えてきます。いやあ、どうしてダービーはこれほどまでに毎年ドラマティックなのでしょう。去年のキズナにも感動しましたが、今年のダービーも心動かされました。

そんな日本ダービーを含め、先週を振り返ります。


【31日(土)京都:京都ハイジャンプ】

6番人気の(7)ルールプロスパーが後続を引き離して逃げ、そのまま後続を寄せ付けずに7馬身差の快勝で、9歳にして初重賞制覇を果たしました。2着(6)メイショウヨウドウ、3着(3)トウシンボルトで高配当。障害3戦無敗の1番人気(5)ケイアイドウソジンは道中で不安定な飛越を見せ、最終障害で落馬、競走中止しました。

多くの実況アナが◎ケイアイドウソジンとする中、小塚アナは「とにかく軽快なスピードが生きる条件になるかどうかがカギ。頭数手頃、主導権を握れば押し切れる」との見立てで◎ルールプロスパーを抜擢。その読み通りの軽快な逃げで押し切りました! 2着3着が買い目に無かったのですが、単勝(7)2,440円、複勝(7)920円をずばり! 前週の平安Sクリノスターオーに続き、中穴◎の単複ゲットです。

【1日(日)東京:日本ダービー】

3番人気の(2)ワンアンドオンリー、今回はポジションを取りに行って道中は好位インコースを追走。直線早めに先頭に立った皐月賞馬、1番人気(13)イスラボニータに並びかけて直線はほぼマッチレースに。皐月賞馬を退けたワンアンドオンリーが頂点に立ちました!! 蛯名正義騎手は2年前のフェノーメノに続き、またも涙を呑みました。混戦の3着争いは12番人気(3)マイネルフロストが僅かに先んじました。3連勝式はなかなかの高配当。

日本ダービーは11人の実況アナ全員が予想コラムを担当しました。◎はイスラボニータとワンアンドオンリーに分かれましたね。的中は3名、まず佐藤アナ。「イスラボニータの力は一枚上と見たい。ダービー向きのレースを続けるワンアンドオンリーが逆転候補」との読みで、◎イスラボニータ、○ワンアンドオンリーで馬連(2)-(13)850円を本線で的中! 佐藤アナは先週のオークスに続き、ビッグレース2週連続本線的中と、さすがの力を見せました。

米田アナは「東京の長い直線で末脚が生きる」と◎ワンアンドオンリー、○イスラボニータでこれも馬連本線的中。そして檜川アナは「ダービーで薀蓄を垂れるのは無粋。好きな馬を無心に応援する」と、◎ワンアンドオンリーの単勝一点勝負。男前。こんなに潔い馬券はありません。単勝(2)560円、きっと快哉を叫んだことでしょう。


【1日(日)東京:目黒記念】

ダービーで涙を呑んだ蛯名騎手、渾身騎乗。8番人気(14)マイネルメダリストを見事勝利に導きました。2着に12番人気(9)ラブイズブーシェで波乱。3着は4番人気(1)プロモントーリオ、1番人気(7)ラブリーデイ5着。ダービーでやられて、いざ敗者復活! と意気込んだ目黒記念で傷口を広げた私みたいな人、いませんか〜?? ちなみに蛯名騎手は2年前も、ダービーでハナ差2着のあと、スマートロビンで目黒記念を勝っていました。騎手の精神力は本当にタフ。頭が下がります。

実況アナ陣の予想コラムも的中ならず。最も惜しかったのは米田アナ、◎プロモントーリオからの馬連流しでマイネルメダリストもラブイズブーシェも買い目にありました。着差はアタマ+アタマですから、もう僅かのところで的中に手が届きそうだったのですが。コラム担当以外のアナでは、穴男・舩山アナが◎ラブイズブーシェ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 アナウンサーの本命馬リーディング
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  1 中野雷太 (17.10. 6.24)
  2 小林雅巳 (14. 7. 7.28)
  3 山本直  (11.14. 5.24)↑
  4 木和田篤 (11. 9. 7.30)↑
  5 佐藤泉  (11. 8. 4.32)↓
  6 檜川彰人 (11. 5. 5.36)↑
  7 渡辺和昭 (10.11. 5.31)↑
  8 大関隼  (10.10. 8.29)↓
  9 米田元気 ( 9. 6. 7.35)
 10 小塚歩  ( 4.11. 7.35)
 11 舩山陽司 ( 2. 6. 4.44)
※カッコ内は◎の着順。左から1着、2着、3着、4着以下の回数

ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガでは「月イチ版」も発行しています。このメルマガの言わば“お試し版”。月額324円で毎月1回だけ、1日分を配信します。継続購読いただきますと、初月が無料となります。詳しくはラジオNIKKEI 競馬実況web http://keiba.radionikkei.jp/ をご覧ください。

今週末からは阪神の開催が始まり、東京との2場開催。開催競馬場が2つだけだと、3場開催に比べてひとつのレースの検討にかける時間が長く取れます。まもなく始まる夏競馬の資金を、今のうちにバッチリ作っておきましょう。そうそう、今週末からは早くも2歳戦がスタート。2012年生まれの2歳馬がデビューします。イスラボニータもレッドリヴェールも、去年のダービー翌週のデビューで勝利を挙げました。早くも始まる、来年のダービーに向けた戦いをお見逃しなく!

(文責:メルマガ担当アナK)

@niftyオススメコンテンツ

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

新おとなの学び場「ラジオNIKKEI競馬実況アナ プレミアムメルマガ」

アナウンサーそれぞれの個性あふれる競馬予想はもちろん、トレセンレポートや悲喜こもごもの競馬実況ライフをお届け! 毎週、木、金、土曜の3回発行のメールマガジンです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ