本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > 2017年オーラス開催は、この穴馬からスタート!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2017年12月01日

2017年オーラス開催は、この穴馬からスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、……

奥田隆一郎(以下、奥) はいはい、暮れの中山・阪神開催が始まりました!って言うんでしょ。もうわかってるからいいよ。

編 ぐっ!

奥 そんなに何週にもわたっていわなくても、みんな知ってるから。

編 何週にもわたってないです。先週と先々週に言っただけです(笑)。

奥 だいたい、いつもとやることは同じなんだから、そんな特別視することないんだって。

編 そのわりには高配当が多いじゃないですか。

奥 そりゃそうだよ。荒れやすいレースが多いし、あと年内にもう1走って思ってる馬を条件構わず出してくる厩舎も多いし。

編 まあ、リーディング争いとかありますしね。

奥 それだけじゃないけどな。馬主さんたちの意向もあるから。

編 ふ〜ん。でもなんで荒れやすいんでしょうね。

奥 けっこう理由はあるよ。重賞に関していえば、たとえば来週から2歳G1でしょ? キャリアが浅くて、まだ適性がはっきりしていない(バレていない)ところで厳しい競馬となるG1だからね。あとは来週のカペラSにしても、中山ダ1200mの重賞って、今はこれしかないんじゃなかったっけ? そういうレアな重賞が多いから。

編 ああ、そういうことか。

奥 あとはここまでG1とか格上のレースで走ってきた馬が、格下のレースに出てきて人気で負けるとか。阪神Cがこのパターンだね。

編 ああ、スプリンターズSとかマイルCSとかで惜敗した馬が出てきて、人気を背負って負けるという。

奥 そうそう。これはみんなわかりやすく人気を引っ張られるからね。前走、G1で惜しかったというだけで。

編 僕も引っ張られます(笑)。

奥 こういう要員がいくつか重なったりすると、けっこうな高配当になったりするよね。だから荒れやすい。まあ、あとは馬場とか色々あるけど。

編 じゃあ、今年も同じようなパターンで高配当が期待できるということですね。

奥 だろうね。暮れのホープフルSまで、いくつ高配当を獲れるか楽しみだよ。

編 ですね〜。それと奥田さん、今週末のチャンピオンズC、枠順を気にしていましたよね。この対談も枠順確定後に、と言っていましたし。

奥 枠順、大切だよ。このレースが中京ダ1800mになって今年で4年目だけど、過去3回のチャンピオンズCを見ると、一昨年は2枠の馬が12番人気ながら勝って(サンビスタ)、さらに1枠の2頭が2、3着(ノンコノユメ、サウンドトゥルー)。

編 内枠の馬が馬券圏内を独占していたのか。

奥 そう。去年にしても3枠の馬が10番人気3着(アスカノロマン)で、3年前も2枠の馬が8番人気2着(ナムラビクター)に大駆け。人気薄が内枠から好走しているように、内枠有利のレースなんだよね。

編 なるほど、それで枠順発表を待ったのか。

奥 そういうこと。

編 ではそれを踏まえて現時点の注目馬を教えていただけますか?

奥 了解。まずはケイティブレイブ。

編 1枠2番ですね。

奥 いいところに入ったね。この馬はもともと3歳時にジャパンダートダービーで2着に好走したり、ダート能力は高かったんだよね。それが近3走でダートの一線級と対戦して好勝負を続けて本格化してきた感がある。

編 帝王賞(G1)1着、日本テレビ盃(G2)3着、JBCクラシック(G1)2着ですもんね。

奥 力をつけているよね。今回は秋3戦目とさらなる上昇が期待できるし、有利な内枠からの発想。そして中距離ダートの実績から勝ち負けになるよ。

編 能力も高くて、枠にも恵まれたとなれば、たしかに有力ですね。
奥 続いてチェックするのはノンコノユメ。

編 一昨年のチャンピオンズCの2着馬ですね。

奥 そうそう。当時も内枠からの発走だったけど、今回も2枠4番とまた内枠からのスタート。穴馬として注目すべきだよね。

編 ですね。同コースの……というか、同レースで結果を出しているわけで、適性も文句なしですし。

奥 そうね。一応直結コースでの好走にも触れておくと、東京ダ1600mでユニコーンSと武蔵野Sを勝って、G1のフェブラリーSも2着に激走。左回りのコースを得意としているのもいいよね。5走前から2走前までは去勢した影響で精彩を欠いたけど、間隔をあけて立て直した甲斐があったし。

編 前走ですね?

奥 そうそう。立て直して、休養明けだった前走が復調を感じる内容だったからね。

編 前残りの展開のなか、後方から一気に差してきて4着。いい内容でしたよね。

奥 そうね。前走をひと叩きされた上積みもあるし、叩き2走目の変わり身が期待できるよ。

編 なるほど〜。ついに復活ですね。

奥 あとはグレンツェントもチェック。

編 たしか今年の始めに同コースの重賞を勝ってましたよね。

奥 東海Sね。その前には直結コースの京都ダ1800mで行われたみやこSを2着に激走していて、要は同コース+直結コースの重賞激走馬になるんだ。

編 お〜。でも春があまりよくなかったですよね。

奥 この春は調子を崩していたね。でも夏場を無理せず、春の段階ですぐに休養に入れたのはいいよね。実際、休養明けの前走は5着とはいえ、復調を感じさせる内容だったし、叩き2走目の今回はさらなる上昇が期待できる。東海Sの内容からもコース適性が高いのは証明しているし、大駆けが期待できるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで。

奥 そうね。とりあえずはこの3頭。あとは週末の【直結式 勝負予想】までお待ちいただければと。

編 はい! では奥田さん、師走の開催も幸先のいいスタートを期待しています! よろしくお願いしま〜す!


購読のお申し込みはこちら
【直結式 勝負予想】http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ