本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > いよいよ秋のG1戦線スタート! 緒戦はこの穴馬で勝負だ!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2017年09月28日

いよいよ秋のG1戦線スタート! 緒戦はこの穴馬で勝負だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、秋のG1戦線を前に、先週の【直結式 勝負予想】の結果がすごすぎるんですけど!

奥田隆一郎(以下、奥) どういう意味? 堅かったってこと?

編 違う、違う。配当よりもまずは的中というのは身にしみてわかってますから。そうじゃなくて、先週、土日で9レースの予想を配信しましたよね。

奥 したね。

編 その9レース中、なんと7レースが3連単までパーフェクト的中だったじゃないですか! これ相当ですよ。しかも日曜日に至っては、配信した5レース、すべて完全的中。完璧。パーフェクト。よっ、ミスター・パーフェクト!

奥 はいはい、ありがと。あ〜でも的中で言えばそうか。全部当たってるよね。

編 よっ、ミスター・他人事! 

奥 うるさいわ(笑)。でもキミじゃないけど、さすがに先週は全体的に堅過ぎだよね。3連単が4けた配当とか、もうホント勘弁してほしい。結果的に、どのレースも人気サイドの決着になっちゃって。

編 でもオールカマーとか、単勝13番人気の◎ショウナンバッハを本命に指名するとか、勝負に行っているんですけどね。実際僅差の5着といい競馬をしているし。

奥 まあ、でも結果がすべての世界だから。ただ、そのショウナンにしても、他のレースの人気薄もそうだけど、ちゃんと上位には走ってきているだけに、あまり悲観はしていないけどね。

編 当たり前でしょ(笑)。全部のレース的中しておいて悲観されたら、ほかの予想家から総スカン食らうわ(笑)。

奥 そういう意味じゃなくて(笑)。選ぶ穴馬は間違っていないし、となれば、高配当なんていずれ当たるでしょ。という意味。

編 ああ、そっちか(笑)。いつからそんな嫌みな人になったのかと思った(笑)。

奥 失礼な(笑)。

編 まあ、冗談はさておき、いよいよ今週からG1戦線のスタートですよね。まずはスプリンターズSからとなりますが、どうです?

奥 どうです?ってざっくり聞かれたら、頑張りますって答えるしかないよね。

編 言葉が足りなさすぎた(笑)。ほら、夏を挟んだのでお忘れの方もいらっしゃるかもしれませんが、奥田さんって、オークス、日本ダービー、安田記念、宝塚記念と、いま4戦連続で3連単を的中しているんですよね。特に安田記念は3連単28万馬券という離れ業で。だから秋緒戦のスプリンターズSも相当期待している方は多いでしょうし、注目馬もいい感じで挙がるのかな?と思って。

奥 え、まさかその情報量を「どうです?」の一言にまとめたの?

編 だから言葉が足りなさすぎたって……

奥 足りないにもほどがあるわ(笑)! 秋緒戦からどうかしてるな、おい(笑)!

編 はいはい、すんませんでした(笑)。って、冗談ではなく、期待している人、めっちゃ多いですからね。先週のパーフェクト的中の勢いもありますし。

奥 そうだね。競馬だけにずっとパーフェクトというわけにはいかないけど、G1とか、皆さんが注目しているレースは特に気を引き締めて、でも小さくまとまらずに予想していければと。

編 はい、よろしくお願いします! 安田記念みたいに配当面も期待してますからね。

奥 そうね。そこは引き続き狙っていきますよ。

編 ではさっそくそのスプリンターズSの注目馬を教えていただけますか。

奥 了解。まずはメラグラーナに注目。

編 中山芝1200mで3戦3勝と抜群の成績を残していますからね。

奥 1600万特別、オープン特別、重賞のオーシャンSときっちり勝ち切っているのは高く評価できるよね。ここ3走前、2走前と中京で凡走したけど、休養明けの前走、直結コースの阪神芝1200mで行われたセントウルSを4着に善戦しているし、ひと叩きされた上積みが見込めて、さらに得意の中山芝1200mに替わるのは大きなプラス材料だし。

編 ですよね。ここを狙い澄ましたローテーションという感じがします。叩き2走目で期待は大きいですね。

奥 続いてチェックするのはダンスディレクター。

編 前走、休み明けながらセントウルSを3着に好走していますね。

奥 そうそう。去年はセントウルSを7着に敗れて、スプリンターズSも惨敗。今年は去年よりもいい臨戦過程で出走できるね。

編 ちなみにセントウルS以外の直結コースにも実績があるんですか?

奥 あるよ。京都芝1200mで行われたシルクロードSを2年連続で勝っているからね。特に今年のシルクロードSは、その次走で高松宮記念を勝つセイウンコウセイを負かしているし、レースレベルを考えても高く評価できる。スタートを決めてレースの流れに乗れば、差し切り勝ちも十分可能だよ。

編 そうですね。

奥 あとは、出走できるかどうか微妙なところだけどソルヴェイグもチェックしておこう。

編 レーティングで6位か。たしかに微妙なところですね。去年のスプリンターズS3着馬だけに、出てきてほしいですけど。

奥 だよね。同コース、同レースを3着に激走しているだけに適性は高いし、直結コースでも去年の函館スプリントSを制しているから。

編 同コース+直結コースの重賞激走馬になるわけか。

奥 その通り。休養明けの前走は直結コースの札幌芝1200mで行われたキーンランドCを2着に好走。ひと叩きされた上積みと得意のコースで好勝負が期待できるよ。

編 ですよね。なんとか出走が叶えばいいんですけど。
※編集部注:残念ながらソルヴェイグは除外が決定しました(本対談は月曜日に行われています)

奥 とりあえずはこの3頭に注目しておきつつ、週末の枠順、馬場状態を見極められればと。

編 わかりました。G1一発目から期待のできる配信になりそうですね。それでは奥田さん、週末もよろしくお願い致します。


【直結式 勝負予想】http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ